退職|転職の際、「派遣社員」を選択予定の方にぜひ注意してほ・・

転職する場合、「派遣社員」として、転職を考えている人…

  • これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている人に覚えてほしい点が何点かあります。なんとなく派遣社員と聞くと「電話対応」「データ入力」「その他雑用」といった業務をなんとなく連想する人がおそらく多々ありますよね。私自身もまさにそう思っていました。今、勤めている会社に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募した際にも、「主な業務は電話対応になります」と採用の際に説明を受けました。ですが、実際に業務に掛かると、なんと退職した正社員さんの穴埋め業務をやってくれと言われました。とくに知識もないので毎回てんてこまいですし、入社前の説明とは全く違うので毎日とても困惑しています。今はとにかく、ひたすら派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。

  • 退職|最近、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく…

  • 近年はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社もたくさんあります。「特許」を出した経験のある人は、連絡が来ることが期待できます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許出願を行った人に加えて、「研究開発論文」を世に出した人、新聞で紹介された人など、「功績」を残した人物に狙いを定めて、電話やメールで接触を図り、ヘッドハンティング用のネタにしています。もしも、あなたがヘッドハンティングと思しき誘いを受けた際には、そうなったキッカケを思い出してみましょう。かなりレアなケースでは、ヘッドハンディングのように見せかけて、登録料を請求する業者もありますが、その手の会社はほとんどは詐欺といえるので無視しておくのが無難です。ヘッドハンティングは通常、企業が仲介業者に報酬を支払う形となるため、転職希望者がお金を払う必要などありません。

  • 求人についての情報を見てみると、普通の会社では月の給与等が記載されています。

  • 求人についての情報では、普通の企業では月収が明記されています。しかしこの月収の欄を調べれる時には、深く確認する事が大切です。額の多い少ないだけ見て納得しないほうが良いです。ひょっとすると、月収の金額の中に「毎月20時間分の残業」が含まれているかもしれません。要するに残業代を入れて良い案件に見せて、人材を募集していることも珍しくありません。それ以外にも、「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せている所もあったります。だから、こうしてよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社は注意が必要と言えるかも知れませんね。

  • 退職|安定性を手に入れるべく「正社員」になろうとしている・・

  • 安定した生活基盤を欲しがり正社員を狙っている人は少なくないでしょう。が、役立つスキルを身に着けたりして努力しても、正社員のためのキャリアアップが叶えられないこともあります。非正規雇用者の求人はかなり充実しているのに正社員の求人に執着し、時間だけが過ぎていく、といった人が最近は多いようです。万一転職先が正社員として迎え入れてくれないのなら、契約社員の求人募集も見てみましょう。会社のなかには、その人の実力によって、2,3年で正規雇用にステップアップを狙えるところもあるからです。ですから面接を受ける際に、こういった可能性を聞いておくのも将来設計にも役立ちます。

  • 転職する場合は面接を受けることがほとんどです。

  • 転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。面接担当から「転職理由は?」と聞かれることはほぼ間違いありません。こういった場合、どれだけ正しい意見だと思っても、前の仕事場での「労働環境」「人づきあい」が悪かったという返答は、なるべくしないほうが良いでしょう。なぜなら、仮にそういった不満を回答すると、採用の条件としては厳しく、転職のチャンスをダメにしてしまいかねません。ですから面接では「前向き」な人物であると印象づけるのが重要です。あくまでも「新しい職場においては、自身のキャリアをしっかり生かし、会社にも充分に貢献していこうと思います。」といった売り込みの形が担当者の心証はよくなります。

  • これまでの私は、職探しをするときは「転職サイト」ではなく、…

  • 前は「転職サイト」を利用するより、「ハローワーク」に通っていました。その理由は、規模の大きな「転職サイト」は、構造上、都心部にある企業の求人しかないからです。なので、新しい職場を探す際は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。もちろん、人気の転職サイトに掲載されている求人より企業数や、給料などの条件は若干見劣りするのですが、地域密着といった点では都心部以外での転職をするときには重宝します。「聞いたことのない企業ばかりで不安」と誤解している方も多くいるかもしれません。思いもよらず、良い求人情報も載ってたりもするので、もし転職を予定しているのなら、ハローワークに1度行って、確認してみるのもアリだと思います。有名な転職サイトのような多くの電話やメールが繰り返し来ることもありません。

  • 派遣という形で働く人がだんだんと増えてきています…

  • 派遣会社に会員登録して仕事をする人が近時増えてきていますが、派遣先の会社が派遣会社にいくら支払い、どのくらいの額(割合)、自分に入ってくるかをなるべく面接のときに質問しておくべきです。派遣業は、人材を必要としている会社に人を派遣してその対価としてお金を手数料を徴収するシステムになっています。実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしているケースがかなりあります。半分以上を派遣労働者へ還元しているなら、良いのですが中には開示すらしない派遣会社も少なくなく、酷い業者では、3割だけしか労働者に還元しないケースも珍しくありません。面接時に、まじめに回答に答えてくれない派遣業者は、なにかと不都合な点を隠そうとする特徴があるので、極力異なる派遣業者を利用されることを推奨します。

  • 退職|働くことによって回復が難しいほど精神的なダメージが蓄積されてしまい…

  • 仕事をするにあたって心的に自分が苦しくなって転職せざるを得ない状況にまで悪化したなら、そのときは、職場の人に相談ではなく身内などの近しい存在の人と話して、退職するかどうかの判断をしてみましょう。というのは、働くということは自身のことでもありますが、家族の問題でもあります。どれだけ報酬が良くてもメンタル面がダメージを負うほど無理して働くのは良いはずがありません。近年は、経済的なことよりも、働く当人が働きやすいことを優先で前提にしても良いはずです。あなたの家族、あなたの心身をいたわりましょう。

  • 派遣社員であっても、契約期間を過ぎたら自分自身の好きなタイミングで辞められるワケでなはな・・

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、1年ごとに自分の好きなタイミングで退職できるものではないと転職活動によって思い知らされました。私は結婚した後、落ち着いたらすぐに子育てに取り組みたかったので、その時がくるまでのあいだ、数年くらい今の部署で続けられれば良いなと思い就職しました。派遣社員ということもあり、年収は少なかったですが、仕方ないので時間的な自由を優先するために、あえて選択しました。ところが、入社後、一緒に働く人たちのほとんどのスタッフが派遣社員として10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。なので派遣といえども、すぐに辞められる雰囲気などなく、これが今の悩みになっています。

  • 転職を考えている際に注意を向ける募集要項の情報というのは…

  • 仕事を探している際にチェックすることになる募集要項については、参考程度に書かれている、ということもあり得ますので、載っている内容は100%正確な情報だとは安易に信じるのはやめておいたほうが最善でしょう。なかでも給与においては平均の金額なのか?最低保証の金額であるのか?一番高い給料なのか?といった見極めができない場合が多く、自分の勝手な判断で読み取ってしまうと、今後、嫌な思いをする事も少なからずあるでしょう。ですので、嫌な思いをすることになる前に、求人というのは、参考程度に考えて、そういったたいへん大事な事は直接確認を取ってみた方が適切でしょう。

  • 退職|看護婦という名前だった看護師というのは務めとして歴史的背景か・・

  • 昔は看護婦と言われていた看護師は働く者として歴史的にも女性のすごく多い職種です。厳しいことに気力や体力を大きく消耗する職場ともいえます。ピリピリした現場になりやすく、職場での人間関係がうまくいかなかったり、自身の結婚や出産の後にそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事と家族との折り合いをつけるのが難しい職業ともいえます。実際に、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、転職される人が多いのが現実です。看護師という職種の労働市場は看護師は、慢性的な人材不足になっています。なので、各医療機関は、看護師を必要とする「売り手市場」であるという現実も、それが転職希望者が後を絶たない状態に拍車を掛けています。

  • 全く経験したことのない分野とかに転身を行う際は、自分が前の会社・・

  • これまで経験したことがない分野などに転職を行う際は、自分が以前の業界で育んできた腕前や今までの経験値が生かせるという内容の自己アピールがいるようになります。勤務経験のないジャンルの場合、その分だけそのジャンルの経験者よりも実際のところ、不利になりますけど、自分自身が保持している能力がその業界においても十分に発揮することができるということをしっかりと相手に話せれば、勝負になる場合も多々出てきます。ですので、経験が全くない業種に挑む場合は、その分野とこれまでに自分がしてきた仕事とのつながりをできる限り探しましょう。

  • 退職|転職するときには、あれこれ情報収集されるとは思います・・

  • 転職活動を行う際、いろんな手段で情報を収集するのが通常だと思いますが、転職系の口コミサイトは利用しなければもったいないです。少し前に、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたということで、運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こした事例もありました。会社の都合で退社させられた元社員の腹いせでその手の口コミが投稿された、と見るのが一般的ですが、別の角度から見れば、口コミの内容が真実でなければ、書かれた会社側が何ら気にする必要もないはずです。しかしながら、実態は『クロ』で「このままではいけないと考え、なんとか火消ししたい」としていると考えることも出来ます。「口コミサイト」も炎上ネタが増えることで注目されるので黙認しますが、悪い内容の口コミが多く目立つのは、それだけ関わったらトラブルに遭遇する確率が高い、と思っていいでしょう。そもそも、善良な会社だったら煙なんて立ちません。

  • 退職|きちんと失業保険の給付を受けるためには、職を見つけようとしていることを理解してもらわなければいけません。

  • 失業保険の給付については、求職活動をしていることを理解してもらわなければいけません。けれども、現実的には「会社に行く必要もなくなったし、しばらくはゆっくりと過ごしたい」と思う人が多いとは思います。そこで、ちゃんと働き先を探しているように見せることができるので教えておきます。月イチの「ハローワーク」での面談は不可避ですが、「求人票」をチェックすることを必ず行う必要があります。実際には探すモチベーションがわかないときは、求人票を熱心に閲覧している芝居をして、(ハローワーク職員との)面談時に「労働条件のいい仕事や自分の能力を生かせる仕事や、希望する求人が残念なことに無かった」と言って、次の機会に賭けましょう。

  • 退職|転職先を探している期間は、自分の好きなことに没頭するほか・・

  • 転職期間のあいだは、自分の好きなことに時間を使うほか、体力を損なわない様にすると良いと思います。勤務先が見つかり、仕事復帰した際に、趣味に没頭してたことによって無意識のうちに集中力が高められます。また体力づくりも同時にできているため、その場の社員と比較すると疲れない身体になっている、と認識します。そのため、退職して転社先が決まるまでは体力を維持させるように努力をするのが何より良い事なのです。勤め先が決まり、その職場で同様の趣味の人とめぐりあうことができれば、直ぐに親しくなることができるので、今まで手を出してなかった事にチャレンジするのも転職期間の自由な時間の使い方です。

  • 長期間接客関係で勤務していたのですが、年のせいか立ったお仕…

  • 長年にわたり接客関係で働いてきましたが、年齢的に立った仕事は体力的につらいため、事務系のお仕事へ転職することを考えて行動しました。事務の経験がなければなかなか厳しく、だから接客の経験も活かすことができる受付兼医療事務をやろうと考え資格も獲得して個人の病院に転職をしました。周囲は超ベテランである先輩パートさんだらけで人間関係に関しても難しい。夜の勤務ばかり押し付けられて、接客業で働いていた頃よりも帰宅も遅いわけですが、とにかく今はキャリアの形成時期だと受け入れて頑張ります。