退職|転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に面接担当者から「転職理由をお聞かせください」…

退職|転職時の面接では面接官から「転職の理由は何ですか?」…

  • 転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に面接担当者から「転職理由をお聞かせください」という風に、100%の確率で聞かれます。こういった場合、どんなにあなたが間違っていなくとも、以前の職場の人づきあいや働く環境についての不満に受け止められる返事は、意識して控えることをお勧めします。なぜかというと、此の様な内容の話は、採用条件としてはマイナスになるので、チャンスを無駄にしてしまいかねません。面接時は、「前向き」な内容に徹底することが正解なため、本当の理由でなくとも、「新しい職場で、これまでのキャリアをしっかり生かして、また、さらなるキャリアアップを図りたいと思っています。」のようなアピールの仕方が重要です。
  • 退職|今までは、新しい職場を探すときはいつも「ハローワーク」に通っていました。

  • 以前の私は、「転職サイト」ではなく、私はハローワーク派でした。なぜなら、CMで有名な大手の転職サイトは、構造上、都心部の求人情報ばかり掲載されているからです。このため、求人を探す時は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。やっぱり、求人募集をする多少企業の数や、給料といった点は見劣りするのですが、古くから地域密着なので、ピンポイントで見えるのはありがたいです。「ハローワークって地味な雰囲気がある」と先入観を持っている人もいるかもしれません。思いのほか、転職サイトとは違った求人もあるので、そろそろ転職しようと考え中の方は、参考までにハローワークへ1度行って、確認してみるのもアリだと思います。人気の転職サイトみたいに多くのお知らせやメールの心配も無用です。
  • 退職|派遣会社を利用して仕事をする人が徐々に増える傾向にあります。

  • 派遣会社を介して働く人が近時は増加しています。派遣社員として働く場合は、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、そのうちどの位の金額、もしくは割合で自分に入ってくるかをできる限り面接の際に聞いておくべきです。派遣業は人材を希望する会社に派遣して、その対価として手数料をもらう仕組みで運営していますが、実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっているケースが多いです。半分を超える額を還元しているのであれば、比較的良いのですが、中には開示すらしないところも少なくなく、悪い派遣会社では、7割も自身の懐に入れ、3割しか労働者に還元しないこともかなりあります。なお、面接のときにきちんと答えてもらえないような会社は、不都合な点を何も教えない傾向が強いので、なるたけ違う派遣会社のもとで登録すべきです。
  • 退職|会社で何かあって心的なダメージが蓄積されてしまい、職場を変えなくてはいけない状況となったなら・・

  • 職場環境のせいで回復が難しいほど心的に厳しくなって、転職を考えざるを得ない状況になったのなら、相談するのは職場の人でなく身内と相談して、転職するかどうかを決めたほうがいいです。なぜなら、働くのは当事者であるあなた自身ではありますが、同時に身内の問題でもあります。毎月、どれだけ報酬が良くても精神的ダメージを負ってしまうまで延々と働くのは健全ではないはずです。今の社会では、経済的に豊かなことよりも、働きやすさを大事にしていく生き方も認められつつあります。ですからあまり気にせず、あなたの身内とあなた自身の心身の健康を考えていきましょう。
  • 退職|比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、…

  • 派遣社員であったとしても、自分自身の好きなタイミングで退職できるワケでなはないと実際に転職を経験して思い知らされました。新婚生活に慣れたらできればすぐに子育てに取り組みたかったので、子供ができる日がくるまでのあいだ、数年だけ今の職場で仕事出来たらいいなと思い、就職しました。派遣社員ということもあり、月収は少なかったですが、仕方ないので時間的な自由のために、この道を選択しました。しかし、入社したあと、一緒に働く人たちのほとんどのスタッフが派遣の仕事を10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。意外にも派遣社員を選択したとしても、すぐに辞められる雰囲気もないと知り、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。
  • 仕事を変えようと考えている時に閲覧することになる募集事項に関して…

  • 仕事を変えようとしようとしている時に注視する募集要項については、基準的なものとして、アバウトに載っている可能性もあり得ます。そのため、情報として載っていることを正確な情報だとは迂闊に信じないほうが最善でしょう。そのなかでも給料においては全社員を平均した給料なのか?最低限もらえる金額であるのか?それとも最高値の金額であるのか?というジャッジができる人は少なく、自分の勝手な判断で理解したつもりでいると、今後、嫌な思いをする可能性も少なくなりません。そのため、後悔しないようにするためにも、募集内容に関しては、参考程度に考えて、そのような件は会社に直接確認した方が妥当です。
  • 退職|昔は看護婦と言った看護師といえば、どうしても女性比率がすごく大きい…

  • 看護婦と言われていた看護師というのは務めとして歴史的背景から女性の割合が高い職です。それだけでなく、気力あるいは体力ともに大きく消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。そのために、職場環境での人間関係のいざこざや、結婚や出産によってそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事とプライベートとの両立が取りづらい職業といえます。実際、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、転職される人が多いのが現実です。流動性が高い仕事であるため、看護師は、国内のあらゆる場所で人材不足に陥っています。ずっと、医療業界は、看護師を募集する「売り手市場」であるため、さらに転職に拍車を掛ける要因になっているのでしょう。
  • 全くの未経験である業種などに転業するときには、自分が以前の業界…

  • 全く経験したことがない業界などに転業する際には、自分が前の業界で身についた力や経験が生きるという訴えがいるようになります。その分野で経験をしたことがないという人はそれだけその業界で勤務したことがある方よりも実際のところ、不公平な状態になりますが、自らが保持している力がその業界においても発揮することができるということを相手に伝えることができれば、戦えるケースも多々出てきます。したがって、経験が全くない分野に挑戦するときには、その分野と自分が今までやってきた仕事とのつながりを探しましょう。
  • 転職活動をする際、様々な手段で情報を収集することが多いと思いますが…

  • 転職する場合は、様々な経路で情報を集めることが多いと思いますが、転職系の口コミサイトは非常に役に立ちます。以前、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたということで、サイト運営者に対して損害賠償請求をした事例がありました。会社の都合で退社した元社員の復讐でそのような口コミが投稿されているとみるのが一般的ですが、異なる角度から見ると、ウソの書き込みであれば書かれた会社側が何ら気にする必要もないはずです。しかしながら、本当は『クロ』で「本当のことが書かれているので、早く火消ししなくては!」という話かもしれません。口コミサイトも囃し立てることで注目されるので黙認しますが、悪い口コミが多いと言う事はその分トラブルに遭遇するリスクが高い地雷企業であると考えるべきでしょう。そもそも、いい会社だったらトラブルは発生しません。
  • 失業保険を毎月、給付してもらうには、仕事を探していることが必要なのです。

  • 失業保険の給付においては、客観的な意味で、職を見つけようとしている姿勢を見せる必要があります。とはいえ、現実は「会社を辞めたことだし、とりあえずはのんびりしたい」と思う人も少なくはないはずです。なので、真面目に就業先を探しているとハローワークの職員に思わせる方法があるので紹介します。月一回の「ハローワーク」での面談は当然になりますが、その場で求人票のチェックは最低限やらなければいけません。心の中では探すモチベーションがわかないときは、求人票を真剣に閲覧しているフリをして、(ハローワーク職員との)面談時に「納得できる条件の仕事や自分の能力を生かせる仕事や、希望する求人が残念ながら今月はゼロ件でした」と、相手に告げて、次の機会を狙いましょう。
  • 転職先を探している期間中は、自身の趣味に没頭した・・

  • 転職期間では、趣味に時間を費やすほか、体力を低下させないようにしておくと良いです。会社が決まり、仕事を再開した際に、趣味に夢中になっていたことで無意識のうちに集中力がアップします。また体力アップが図れていることで、その場の社員さん以上に疲れない体になっているということを認識します。ということで、退職してからの生活は、興味のあるなことに打ち込むことと、体力を維持させるように努力をしておくのがベストです。将来、職場のなかであなたと共通の趣味の人と出会えれば、友達になれるキッカケにもなるので、これまでやってみたかった物事に挑戦してみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。
  • 長く接客関係で勤め続けてきましたが、年齢的に立ったままで行なわなければいけない仕事・・

  • 長く接客業で仕事をしてきましたが、歳をとるにつれて立ち続ける必要のある仕事は体力的に難しくなり、座って仕事ができるオフィスワークへの転職を頭に入れて活動をしました。事務未経験となるとわりと難しくて、接客の経験が役に立つ受付兼医療事務をしようと思い資格も獲得し個人クリニックに転職しました。周りはベテランである先輩パートさんだらけで人間関係においてもややこしい。夜間のシフトばっかりさせられ、接客業をしていた頃より帰宅する時間も遅いわけですが、最初の頃はキャリアを形成する時だと腹をくくって頑張ります。
  • 就職活動には、ウェブを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント…

  • 新しい職を探すとき、ウェブを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)のお世話になることもあるでしょうが、そのようなところに登録し、運よく就職できたとしても、「失業保険」の給付は受けられません。ハローワークを使わずに就業しても給付対象にならないので気をつけなければいけません。これと異なり、「ハローワーク」を介して斡旋してもらった会社に就職できたときは、就業に備える準備金として一時金が支給されます。ネット上で展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的の機関でありません。ただ彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険などの手続きはしてもらえません。このようなことを知っておかないと失業中にお金を受け取れなくなるので、そうならないように注意しましょう。
  • 退職|転職というものについて考えた場合、転職先での自身の年収を過剰に気にする人…

  • 転職というものを考えるとき、転職先となる職場における自分の年収について気にする人がわりといるでしょう。とうぜんたいていの人はですから生活費を手に入れるべく励んでいるのでしょう。したがって自分自身の社会的な価値を知る値という側面もあるから、とうぜん大切なものとして扱うのは当然ではあります。それにしても愚かにも年収の額に執着しすぎる人生というのもさみしい気がするでしょう。よく見れば年収に反映されない仕事であっても精神的な充実を得られることが普通に転がっているからです。
  • 女性の再就職において、数年前と今現在とは多少の違いがあったりします。

  • 女性が再就職する際、現在と数年前では少し違ってきている点があります。一昔前は会社側から未婚者なら結婚の予定など、女性に質問していました。ですが、今現在はその手の内容は、セクハラに該当するかもしれないので聞かれないことの、ほうが増加傾向にあります。そして、世間に名の知れた大きな会社ほど、NG質問として全面的に避ける傾向にあります。ですが実際、面接する側としては、はい・いいえ、の2択でなく、その人の生き方、結婚した後も働きたいのか、出産後の具体的な予定を把握しておきたいとは思っているものです。自身の人生設計をわかっておいてもらうためにも、自己ピーアールや志望動機とともに話すことで面接担当官にも認識してもらえ、安心できると考えられます。ということで、たとえ、聞かれていない箇所についても、あなたの側から気遣って話をしておくのが良いです。
  • 退職|もし転職することを、現在の職場の同僚たちがあなたの転職を知ると…

  • もしも再就職の前に、今働いている会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、雰囲気が悪くなる可能性があります。周りとの付き合い方によっては、問題はないこともありますが、意地悪される可能性もあります。また、残業時間を意図的に増やされてしまうこともあるので、うっかり転職のことを口にするのはお勧めしません。なので、避けるために今の職場では、真面目を装いましょう。注意をしておくことで、良い空気をギリギリまで残したまま、心置きなく会社を辞めることができます。また、円満退職に至れば、転職後も、相談できるチャンスも手に入るはずです。規模や業種に関係なく、どんな企業でも、人とのつながりは大事なので、仕事を辞める際のトラブルは、できるだけ警戒しておきたいものです。