退職|転職時の面接の時に面接官から「転職理由を聞かせて頂けますか…

転職時の面接の際に人事から「転職理由を聞かせて頂けますか…

  • 転職のための面接では気を付けておきたい点があります。人事担当から「転職理由は?」と聞かれることはほぼ間違いありません。その際、前の職場の「人間関係」「労働環境」に関しての愚痴ともとれる答えは、できるだけ話さないほうがいいでしょう。というのも、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、採用のチャンスを棒に振ってしまいます。ですから面接では「前向き」な返答に徹するのが正解です。まずは「新しい職場では自分の能力をより発揮し、また、さらなるキャリアアップを図りたいと思っています。」といった売り込みの形が良い印象を持ってもらえるのです。

  • 以前の私は、「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」で探していました。

  • 今まで私は、職探しをするときは「転職サイト」ではなく、主に「ハローワーク」を利用していました。なぜなら、CMで有名な大手の転職サイトは、システム上、都心部の求人情報ばかり掲載されているからです。であったので、転職する際は「ハローワーク」に頼ってばかりでした。人気の転職サイトに掲載されている求人より多少企業数や給料などでは、若干の見劣りがあるものの、古くから地域密着といった点ではとても信頼性が高いです。また、「ハローワークは地味なイメージがある」とイメージしている方もいるかもしれません。思いもよらず、理想に近い企業が掲載されているかもしれないので、数年以内に転職しようと考え中の方は、ハローワークに1度行って、確認してみるのもアリだと思います。人気の転職サイトのようなたくさんの電話・メールが執拗に送られてくる心配もありません。

  • 派遣会社に登録し、働く人が最近では増えてきていますが、…

  • 派遣会社に登録して働く人が近頃増える傾向にあります。派遣先から支払われる一時間当たりの報酬がいくらで、そのうちの何割が自分に入るのかをできる限り面接のときに聞いておくべきです。派遣業は、人手が必要な企業に人材を派遣し、その対価として手数料をもらう形を取っています。現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが多いです。半分以上を派遣労働者に還元している場合は、良いのですが、中には開示すらしない派遣業者も少なくなく、ひどいものだと2割しか支払われていなかったというケースもかなりあります。面接のときにあいまいな返答しかしない会社は、なにかと不都合な点を隠そうとする特徴があるので、なるべく別の派遣業者で登録されることをオススメします。

  • 会社で何かあって回復が難しいほど心的なダメージが蓄積されてしまい・・

  • 働くことによって回復が難しいほど心的にまいってしまい転職せざるを得ない状況となったなら、相談するのは会社でなく自身の家族に話を聞いてもらい会社を辞めるか決めるといいでしょう。なぜならば、働くということは当事者であるあなたですが、同時に家族の問題でもあります。どんなに高い給料を得られたとしても、精神面がボロボロになるまで働くことは、好ましいわけがありません。現在の社会では、金銭的な豊かさよりも、働く当人が働きやすいことを重視する生き方も認められつつあります。あなた自身の家族や、自身の心のケアを忘れないようにしましょう。

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、契約期間を過ぎ・・

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員になっても契約期間を過ぎたら好きな時にすぐ退職できるわけではないことを実際に転職活動を通じて理解しました。結婚して落ち着いたら早く子供を持ちたかったので、子供ができるまでと思い1年半~2年だけ現在の部署で継続で続けられれば良いなと思い就職しました。常勤ではなく派遣社員ということもあり、年収は安かったですが仕方ないので家庭の時間を優先するために、あえて選択しました。ところが、いざ入社してみたら、一緒に働いている人たちはほとんど派遣社員として10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。派遣社員を選択したとしても、期間が過ぎたらすぐに辞められるワケではないと、困ってしまいました。

  • 退職|転職を考えている際に閲覧することになる求人情報について…

  • 職を変えようと考えている時に見ることになる仕事の情報というのは、目安として載せている、という確率も少なくはありません。そのため、そこに載っている情報は何もかもが正しいことだとは迂闊に信頼しないほうがよろしいでしょう。中でもとりわけ生活に大きくかかわってくる報酬面に関しては、一般的な額なのか?最低限保証されている給料であるのか?最高の給料であるのか?という見解ができないことが多く、自分の勝手な判断でとらえてしまうと、後からそのことを悔いるかもしれないのです。そのような訳で、後悔しないようにするためにも、求人に掲載されている情報は目安だと思って、そういったようなたいへん大事な事は会社の方に直接確かめるのがベストです。

  • 退職|看護婦という名前だった看護師は務めとしてやはり女性の割合が…

  • その昔は看護婦と言われていた看護師というのは資格として女性のかなり多い職です。加えて、気力それから体力のひどく消耗が激しい傾向にあります。それ故に、対人関係のいざこざや、自身の結婚や出産によって仕事と私生活との両立が難しい職業といえます。実際に、上記のような問題に行き詰まり、転職される人が多い傾向にあります。色々と過酷な環境であるために、看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足になっています。常に各医療機関は、看護師を求めている「売り手市場」であるため、転職の増加を後押しする状況となっています。

  • 退職|全くの未経験の業種などに転業を行う際は、以前の業界で、自分・・

  • 全くの初挑戦となる業界などに転業したいと考えている場合には、以前の職場で、自分が育んできたスキルや今まで経験したことが生かせるという内容の自己アピールが必要になります。経験がない人はその分だけその業界で勤務したことがある方よりも事実、不利な状態になりますけど、自分自身が保持している能力がその分野でも生きるということをうまく相手に話せれば、戦うことができる場合も多くあります。ですから、経験が全くないジャンルにチャレンジするときには、その業界とこれまで自分が働いてきた仕事とのかかわりを必ず見つけ出しましょう。

  • 転職する際は、いろんな手段で情報を得るのが通常だと思いますが…

  • 転職する場合は、いろいろな方向から情報収集されるとは思いますが、転職系の口コミサイトは本当に役に立ちます。過去に、悪い口コミをサイトに載せられたということで、損害賠償を、その掲載会社に請求した事例がありましたが、辞めさせられた社員の腹いせとしてそのような口コミが投稿されていたと見るのが一般的ですが、異なる角度から見ると、投稿の内容が嘘であれば、会社としては気にしなくていいようにも思えます。とはいっても、本当のことが書いてあるので会社側としては、「周囲に気づかれたら恥になるから、はやく火消しをしよう」と思っている可能性もあります。「口コミサイト」も炎上することでアクセス数が増えたり、サイトを注目してもらえるチャンスがあるので黙認していますが、悪い口コミが多いと言う事はそれだけ、入社してから不利益になるリスクが高い地雷企業であると見て良いでしょう。そもそも、善良企業の場合トラブルは起こりません。

  • 実際に失業保険を給付してもらうためには、求職活動をしていることを証明しなくてはいけません。

  • 失業保険の給付においては、仕事を見つけようとしていることが必要なのです。けれども、現実は「会社から解放されたし、しばらくは働かずにゆっくりしたい」と思うのが本音でしょう。そこで、本気で働き先を探しているとハローワークの職員に思わせる方法があるので紹介します。毎月のハローワーク職員との面談は当然のこととして、その場で求人票を見ることは最低限行わなければいけません。本腰を入れて探す気持ちがないときは、「求人票」をチェックするだけで、(ハローワーク職員との)面談時に「納得できる条件の仕事や自分に合った仕事、希望する仕事が残念なことに今月はゼロ件でした」と、相手に告げて、次の機会を狙えば良いです。

  • 転職期間中は、自分の好きなことに時間を費やすほか、体力を損なわない生・・

  • 転職期間のあいだは、自分の好きなことに没頭したり、体力づくりを意識しておくとベストです。再就職先が決まり、仕事を再開した際に、趣味に夢中になっていたことで知らない間に集中力が養われているのです。さらに体力を補っている事で、ほかの社員たち以上に疲れにくい身体になっているということを自ずと認識することができます。というワケで、退職して次の仕事を始めるまでは運動なども取り入れて体力をアップさせる努力をしておくのがベストです。また、その会社で共通の趣味の人と出会えれば、すぐに仲良くなれます。ですから、これまで挑戦してなかった事に手を出すのも転職期間の自由な時間の使い方です。

  • 長きにわたって接客関係で勤務していたのですが、年齢を重ねると・・

  • 長い間接客業で仕事を続けてきたのですが、年をとったせいか立ったまま行う仕事は体力的にしんどく、オフィスワークへお仕事を変えることを視野に入れて活動をしました。事務未経験だとわりと難しくて、そうであれば接客の経験も活かすことができる受付兼医療事務をしようと資格も取って個人医院に転職をしました。周りはベテランである先輩パートさんばかりで人間関係が苦痛。夜のシフトばっかりさせられて、接客業をしていた時よりも帰宅時間も遅いのですが、初めはキャリアを形成する時と腹をくくり頑張ります。

  • 退職|就職活動をするにあたっては、ネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント・・

  • 転職活動をするにあたっては、ネットでのエージェントに頼るケースもありますが、そのような業者に登録し新しい仕事をゲットできたとしても、失業保険とは何の関係もないので要注意です。ハローワーク以外の機関を使って就職が決まったとしても給付対象とならないので注意しなければいけません。これと異なり、ハローワーク経由で斡旋された会社に就業した場合は、就業の準備金として一時金が支給されます。ネットを拠点にする就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ彼らは、企業から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険とは何の関係もありません。これについて理解していないと、失業中に給付金をもらえなくなるので、就職エージェントを利用する際は、気をつけておきましょう。

  • 退職|転職というものを考えるとき、そこでの年収ばかりに気を取られる人…

  • 転職を考えるとき、転職後の給与ばかりに気を取られる人がわりと多いです。もちろんたいていの方はだから生活費を給料として得るべく励むのでしょう。だから年収がどれだけかは自身がどのくらい評価してもらえるか、という見方もできるから、とうぜん大切なのは当然なのですが、しかし、ひどく年収額に執着しすぎるのも悲しい気がします。収入面にそれほど期待ができない仕事であっても、やりがいを感じられることが少なくないからです。

  • 女性が再就職するに当たり、数年前と近年とでは少し変化があるようです。

  • 女性の転職において、数年前と現在とでは若干、違いがあるようです。一昔前は会社側から結婚の予定や出産予定などのことに関して、ごく一般的なこととして質問されることがほとんどでしたが、今現在はそういった内容はセクハラに該当するとして質問しない企業が増えています。そしてまた、とりわけ大きな会社ほど、この手の質問を全面的に避ける傾向にあります。そうではあるものの実際、面接する側ははい・いいえ、だけでなく、その女性の生き方、結婚した後は退職するのか、出産後は時短で働きたいなどを知っておきたいと思うはずです。自分自身の人生設計を理解しておいてもらうためにも、自己ピーアールや志望した動機と一緒に伝えることで、企業側も考えがわかり、安心できると思います。なので、聞かれていないことでも、先にあなたの側から企業にとっては必要な情報と捉え、話していくことを考えてみてください。

  • 退職|転職することが、今勤めている会社の同僚たちがあなたの転職を知ってしまうと・・

  • 転職することが、今の会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、状況が悪くなる可能性があります。周りとの付き合い方によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪されるおそれもあります。それだけでなく、残業時間を意図的に増やされてしまうこともあるので、転職を口に出すのはお勧めしません。なので、回避するために今所属している仕事場では、いたって真面目な態度でいましょう。注意をしておくことで、良い関係のまま会社を辞められます。加えて、トラブルなく退職できれば、転職後に、あなたが何かあったとき、アドバイスをもらえるかもしれません。規模などに関係なく、どのような会社であっても、人とのつながりはとても大切なので、仕事を辞める時のトラブルは、できるだけ控えましょう。