退職|転職時の面接の時に面接担当者から「転職の理由は何ですか?…

転職時には、面接をすることになりますよね。

転職時の面接で人事から「転職理由は?」と必ず聞かれますが、その場合、いくら正論だと思っても、「人間関係」「働く環境」についての不満やトラブルを絡めた内容などは、出来るだけ控えたほうがいいでしょう。なぜなら、こういった話をしてしまうと、相手会社の採用条件としては厳しくなるようで、チャンスを水の泡にしてしまいかねません。面接時は、「ポジティブ」な内容に徹底することが肝要です。本当の理由でなくとも、「新しい職場においては、より一層キャリアを生かせられるように、会社の成長をサポートできればと思っています。」のような売り込みの形が良い結果につながるのです。

今までは、「転職サイト」を利用するより、いつも「ハローワーク」を利用していました。

これまで私は、「転職サイト」を使うより、「ハローワーク」で探していました。というのは、大抵の転職サイトは、特性上、都心部を中心にした求人しか見当たらないからです。であったため、転職する際は「ハローワーク」のみ使っていました。有名な転職サイトに掲載されている求人よりも多少企業も、給料などの労働条件も若干見劣りはしますが、昔から地域密着といった点では自分に適した職が探しやすくなります。ですが、「聞いたことのない企業ばかりで不安」とイメージしている方も多少いるかもしれません。思いのほか、理想的な求人を発見できるかもしれないので、そろそろ転職を検討しているのなら、ハローワークに1度行ってみることをお勧めします。大手転職サイトのような大量のニュースレターが来ることもありません。

派遣会社を介して働く人がだんだんと増加しています。

派遣会社を通して仕事をする人が現在多くなっていますが、派遣社員として働く予定があるなら、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、その中で何割が自分に入るのかをなるたけ面接の際に聞いておきましょう。派遣会社は、労働者を必要な企業に派遣してその見返りにお金を会社に支払うシステムになっています。現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしている場合がかなりあります。50%以上支払われているのであればまだいい会社なのですが、情報開示に積極的でない業作も多く、酷いケースでは、2割しか労働者に還元しないということもあるのです。面接時に、まじめに回答に答えてくれない派遣業者は、隠ぺい体質であると考えることもできるので、できるなら別の派遣会社で登録されることをオススメします。

働いていることで精神的なダメージが蓄積されてしま…

会社で何かあって精神的にかなり厳しくなり、職場を変えなくてはいけない状況となったなら、会社を相手に相談するよりも、身内などの近しい存在の人と相談し、会社を辞めるかどうかの判断をした方が良いです。なぜかというと、働くのは当事者であるあなたのためでもありますが、同時に身内の問題でもあるのです。毎月、どれだけ給料がいいとしても、精神がダメージを負ってしまうまで働くことは、好ましくありません。現在では、働く本人が働きやすいことを優先する生き方が尊重される社会です。あなたの家族、あなた自らの心と体も大切にしましょう。

退職|派遣社員であったとしても、契約期間を過ぎたら自分の好きなタイミングで辞められるものではな…

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、契約期間を迎えたらすぐ退職できるというわけではないことを実際に転職活動を経験して思い知らされました。私は新婚した後、生活に慣れたらすぐにでも子供がほしかったので、妊娠するまでの期間のために1年半~2年だけ現在の職場でそのまま仕事をしておきたいと思い、就職しました。派遣社員であるために、正社員より年収は少なめでしたが、時間的な融通を得たかったので、あえて選択しました。が、いざ入社してみたら、一緒に働いている人たちはほぼ全員のスタッフが派遣の仕事を10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。なので派遣社員であったとしても、契約が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気もなく、悩みが増えました。

退職|再就職を考えている際に目を光らせる募集事項は、目安と・・

仕事を探している際に閲覧することになる募集要項の情報というのは、基準的なものとして、アバウトに書いてある、ということもあり得ます。なので、記載されている内容は全部正しいとは簡単に信じるのはやめておいたほうが賢明です。特に報酬の金額などに関しては、社員を平均した値なのか?最低限もらえる金額であるのか?最高額の給料なのか?といった判断ができない場合が多く、自分の勝手な判断で理解したつもりでいると、今後、悔いが残る事もあるでしょう。そういった訳で、嫌な思いをしないために、求人情報は、一般的なものだと思って、そういったような情報は会社に直に連絡を取ってみた方が好ましいでしょう。

退職|その昔は看護婦と言われていた看護師という仕事は、歴史的背景・・

看護婦と呼ばれていた看護師といえば、歴史的背景から女性のすごく多い職場です。そして、気力それから体力への消耗が激しい傾向にあります。とうぜんのように職場での人間関係の問題や、自分の結婚や出産などのイベントでそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事とプライベートとの両立が難しい仕事ともいえます。実際、そういった問題によって転職希望者が多いといいます。看護師という職種の労働市場は人手不足の状況に困っています。つねにそれぞれの医療機関は看護師を募集する「売り手市場」であるという現実も、これが転職の希望者が後を絶たない原因になっているのでしょう。

これまで経験したことがない業種などに転身したいと考えている場合に・・

経験したことがない分野などに転身をしようとするときには、自分が前の業界で培ってきた腕前や経験が生きるといった内容の自己アピールが必要です。その業界の未経験者は未経験の分その分野を経験している人よりも足りない部分はありますが、自らが保持しているスキルがその場でも発揮することができるということをしっかりと話せれば、勝負になることも十分に考えられるのです。それゆえ、経験が全くない業界に挑むときには、その業種とこれまで自分が働いてきた仕事との関連を必ず探し出してみましょう。

退職|転職を始める際、様々な経路で情報を集めるのが通常だと思いますが・・

転職活動を始めるとき、いろいろ情報を集めることが多いと思いますが、転職についての口コミサイトは利用しないと損です。少し前に、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたということで、運営サイト側に損害賠償請求を起こし、話題になったことがありました。会社の都合で退社した元社員の腹いせでその手の口コミが投稿された、という見方が一般的ですが、裏を返せば、投稿の内容が真実でなければ、書かれた会社側が気にする必要もないはずです。あるいは、実態は『クロ』で「本当のことを書かれてしまったので、急いで火消しをしよう」と思っているのかもしれません。口コミサイトも囃し立てることでアクセス数がアップするなどのメリットがあるので黙認していたりしますが、悪い口コミが目立つということは、それだけ入社してからトラブルに遭遇するリスクが高くなると捉えておいて問題ないと思います。そもそも、いい会社だったら煙も立ちません。

きちんと失業保険の給付を振り込んでもらうためには、客観的な意味で、「就職活動」している姿勢を見せる必要があります。

失業保険の給付について、「就職活動」していることが必要なのです。そうはいっても、現実的には「ハードワークから解放されたし、とりあえずはゆっくりと過ごしたい」と思うのが本音でしょう。ということで、本気で求職活動をしているように見せることができるので教えておきます。毎月ハローワークに行って担当職員と面談するのは当然必要ですが、求人票のチェックは最低限しておきましょう。実際には探す気力がないときは、求人票を真剣に閲覧しているフリをして、ハローワーク職員との面談時、「自分に合った仕事、希望する仕事が残念ながらありませんでした」と相手に伝え、次の機会を探すというやり方もあります。

転職先を探している期間は、趣味に打ち込むほか、体力を低下させないようにしてお…

転職先を探している期間中は、自身の趣味に打ち込んだり、体力を損なわない生活を習慣化しておくとベストです。勤務先が見つかり、仕事復帰した際に、趣味に打ち込んでいたことで、知らない間に集中力がアップしています。さらに体力アップが図れていることで、他の社員たちと比較すると疲れにくいということを認識します。そんなわけで、興味のあるなことに力を入れることと、体力をアップさせる努力をしておくのがおすすめです。将来、職場のなかで同じ趣味の方と知り合えたのなら、話が盛り上がるので、好きなことをとことんまで極めることも転職期間の自由な時間の使い方です。

長年にわたり接客関係で勤めてきましたが、年のせいか立ったままのお仕…

ずっと接客業で務めていたのですが、年齢を重ねると共に立ち仕事は体力的にきつく、座って仕事ができる事務の仕事への転職を志して活動をしました。事務の経験がないとけっこう厳しくて、そうであれば接客経験も活かすことができる受付兼医療事務になりたいと資格も獲得して個人医院に転職しました。周りはベテランである先輩パートさんだらけで人間関係が苦痛。夜間のシフトばっかり押し付けられて、接客業をしていた時より帰りも遅いのですが、最初はキャリアを形成する時期だと諦めて頑張ります。

退職|仕事探しを行うにあたっては、ウェブ上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)…

転職活動において、ウェブ上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)に頼る場合もありますが、その業者に登録して転職に成功した場合でも、失業保険の給付を受けることはできません。失業保険は、「ハローワーク」で正しく手続きしないことには給付されないので気をつける必要があります。一方、「ハローワーク」を通じて斡旋してもらい、就職できたのなら、就業のための準備費用として一時金が受け取れることになります。インターネットでのエージェントは、私的機関です。ただ彼らは、企業から「紹介料」を手にするだけで、失業保険の給付手続きなどはしてくれません。このことについて知らないでいると、失業中にお金をもらえない状況になるので、就職エージェントを利用する際は、気をつけておきましょう。

退職|転職というものをする場合、そこでの給与ばかりに気を取られる・・

転職というものについて考えた場合、転職先での自分の年収ばかりを気にする人は、かなり多いように思います。もちろんたいていの人は仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活するために精を出しているのだとは思います。だから年収がいくらかは自身がどれほど評価してもらえているか、でもあるので当然大切なことは当然ではあります。それにしても年収というものばかりを気にかけすぎる生き方というのも寂しい気がしませんか?収入面にそれほど期待ができない仕事であっても、精神的な充実を得られることがあるからです。

女性が転職するに当たって、今現在と数年前では少し状況に違いがあったりします。

女性が転職する際、一昔前と現在とでは多少の、違ってきている点があります。以前は会社側から「結婚観」や「出産後の仕事」などに関して、ごく当たり前に質問されることがありました。ですが、今現在は結婚などについては、セクハラに該当するとして質問しない企業、の方が増加傾向にあります。そしてまた、世間に名の知れた大企業の場合は、この手の質問をNG質問として扱われています。が、会社側としては、はい・いいえ、の2択でなく、その女性が、結婚した後も働きたい、「出産後はすぐに復帰するのか」などを知っておきたいと思っている事でしょう。自身の人生設計を理解してもらうためにも、自己PRや志望の動機の中に織り交ぜながら話すことで、企業側にも考えが伝わり、また、モヤモヤも解消できると思います。というワケで、たとえ、質問されていないことでも、あなた自身から気遣いつつ、話をしてみると良いでしょう。

再就職の前に、現在の会社の人たちがあなたの転職を知・・

もし転職することが、今勤めている会社の同僚たちがそのことを知ってしまうと、職場の空気が悪くなる可能性があります。労働環境によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪ややっかみのおそれもあります。加えて、残業時間を意図的に増やされることもあるので、転職を口に出すのはあまり良いとは言えません。上記トラブルを避けるために、今所属している仕事場では、いたって真面目に仕事に取り組んでいましょう。そうしておけば、良い状態を最後まで保ちつつ、心置きなく仕事を辞めることが出来ます。さらには、何の問題もなく円満に退職できたなら、転職後に、相談できるはずです。業界に関係なく、何処の会社も人とのつながりが重視されるので、会社を辞める時のトラブルは、可能な限り回避してください。