退職|転職時の面接の際に人事担当から「転職理由は?」と訊かれるのは確実です。

転職する際には面接が必須となります。

転職時の面接では、少々うそを交えたほうが良いこともあります。人事から「転職の理由は何ですか?」といった形で、訊かれると思います。このときに、どのような事情がであれ、過去の職場の「人間関係」「働く環境」が悪かったという返答などは、できる限り控えましょう。なぜかというと、仮にそういった不満を回答すると、採用の可能性を逃してしまうことになりかねません。面接時は、「ポジティブ」な内容に徹底することが必要があるため、たとえば「新しい職場においては、これまでのキャリアをしっかり生かして、戦力として必要不可欠な人材になる所存です」といった未来に目を向ける形が大切です。

今まで私は、求人情報は「転職サイト」よりも、「ハローワーク」で仕事を探していました。

以前は、求人情報は「転職サイト」よりも、いつも「ハローワーク」を利用していました。というのも大手「転職サイト」は、なぜか都心の求人情報しかないからです。そのために、新しい職場を探す際は、いつも「ハローワーク」を使っていました。やはり、求人募集をしている企業や給料といった条件は見劣りしますが、古くから地域密着といった点では探しやすい魅力があります。「どんな求人があるかわからない」と誤解している方も多少いるかもしれません。でも、有名な転職サイトには掲載されない求人があるので、そろそろ転職予定の方は、ハローワークに1度行って様子を見ておくのも良いと思います。「転職サイト」を利用した時のような多くの電話・メールに悩まされる心配もありません。

退職|派遣会社に登録した上で仕事をする人が一昔前の規制緩和以…

直接雇用ではなく派遣という形態で働く人が徐々に増えています。仮にあなたが派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、トータルのお金(または比率)、自分に入るのかをなるたけ面接のときに確認しておいた方が無難でしょう。派遣会社は、労働者を必要な企業に派遣してその見返りに、手数料を徴収していくシステムといえますが、実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっている場合が少なくありません。50%以上の額を還元しているのであれば、比較的よいのですが、中には開示すらしない派遣業者も少なくなく、ときには、2割しか労働者に還元しないというケースも多いです。面接時、誠実に返答してくれない派遣業者は、隠ぺい体質であることが多いので、なるべく異なる派遣業者のもとで登録されることをおすすめします。

働く中で精神的に苦痛を感じてしまい、転職しなくてはいけない状況になったのな…

仕事のために回復が難しいほど心的なダメージが増え、転職を考えざるを得ない状況になったのなら、そんな時は、職場の人と相談する以上に自分の家族に話を聞いてもらい会社を辞めるか判断しておいた方が良いでしょう。なぜならば、働くのは自分の事でもあります。が、しかし家族の問題ともいえます。毎月、どんなに高い給料を得られたからといって、精神がダメージを負うほど無理して働くのは望ましくありません。今の社会では、物質的な豊かさよりも、働きやすさを重視していく生き方が尊重される時代です。ですから、あなたの身内、あなた自らの心と体を大事にしましょう。

時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、契約期間を過ぎたら…

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、契約期間を過ぎたら自分の好きなタイミングで辞められるものではないと転職を通じて感じました。私は結婚した後、生活が落ちついたら、早く子供を持ちたかったので、子供ができる日が訪れるまでのあいだ、1年半~2年くらい継続で仕事をしておきたいと思い、就職しました。フルタイムでなく派遣社員としてだったので、収入は安かったですが仕方なく「時間に自由が効く」というメリットがあるので、そこはガマンしました。でも、いざ入社したあとに、一緒に働く人たちの大半のスタッフが派遣の仕事を10年、15年と続けていらっしゃったのです。派遣であったとしても、すぐ辞められる雰囲気もなく、ちょっと困っています。

再就職を考えている時にチェックすることになる募集内・・

転職をする時に閲覧することになる求人内容は目安として載っている、ということもあります。ですから、記載されている情報は必ずしも正しいとは簡単に信じるのはやめておいたほうがよろしいでしょう。その中でもとりわけ生活に大きくかかわってくる給料に関しては社員を平均して出した金額なのか?それとも最低限の金額なのか?一番高い給料なのか?といった判断ができる転職者は少なく、自分判断で考えてしまうと、後から悔しい思いをする可能性も少なくはないのです。なので、後悔しないようにするためにも、募集内容については一般的なものだと思って、そういった肝心な内容は会社に直接問い合わせるのが良いでしょう。

退職|その昔は看護婦という名前だった看護師というのは働く者とし・・

その昔は看護婦という名前だった看護師は働く者としてどうしてか女性の多い職場です。厳しいことに気力や体力へのかなり消耗がきついことが日常茶飯事です。それ故に、職場の環境での人間関係にトラブルを抱えやすく、自分の結婚・出産などによってそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事と私生活のバランスがかなり取りづらい仕事でもあります。実際に、上記のような問題に行き詰まり、転職する人が多いのが現状です。流動性が高い仕事であるため、看護師は、国内のあらゆる場所で人材不足になっているのです。常に各病院は、看護師を欲する「売り手市場」であり、さらに転職に拍車を掛けるスパイラルになっています。

未経験の分野などに転職するときには、前の職で培ってきた能力…

全く経験のない業界などに転身したい場合には、以前の職で、自分が養われたスキルやこれまでやってきたことを生かすことができるといった内容の自己アピールがいるようになります。その分野の未経験者はそれだけそのジャンルで今まで働いてきた人たちよりも不足することはありますが、自分自身が保持しているスキルがその業界においても十分に生きるということをしっかりと伝えれば、戦える場合も十分にあります。それゆえに、経験が全くない業種に飛び込む場合は、その分野とこれまでに自分がしてきた職務との関係性を必ず発見しましょう。

転職を始める際、様々な手段で情報を集めることが多いと思いますが・・

転職する場合、いろんな手段で情報を得る人が大半だと思いますが、転職についての口コミサイトはとても有益です。少し前に、会社の損失につながる悪い口コミが掲載されたという理由で、サイト運営会社を相手に損害賠償請求を起こしたケースがありました。会社の都合で退社した元社員の復讐でそういった口コミが投稿されたという見方が一般的ですが、違った視点から見ると、ウソの書き込みなら、会社としては気にする必要はないはずです。ですが、実態は『クロ』で「本当のことが書かれているので、火消ししなくては!」と考えている可能性もあります。「口コミサイト」も囃し立てることでアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、悪い口コミが目立つということは、その分入社してからトラブルに遭遇するリスクが高い地雷企業であるとみなしていいでしょう。何より、本当に善良な企業であればトラブルなど起こりません。

退職|失業保険の給付については、求職活動をしていることが必要なのです。

失業保険の給付においては、「就職活動」していることが条件になります。とはいっても、現実的には「会社を辞めしばらくはゆっくりと過ごしたい」と思うのが正直なところでしょう。なので、きちんと次の仕事先を探しているように思わせる方法があるので紹介します。毎月ハローワークに行くのはパスできませんが、その場で求人票の閲覧は最低限やってください。本気で探すモチベーションがわかないときは、「求人票」にさらっと目を通し、(ハローワーク職員との)面談時に「納得できる条件の仕事や自分に合った仕事、希望する仕事が残念なことにありませんでした」と、相手に告げて、次に期待しましょう。

転職期間では、自分の趣味に時間を使ったり、体力づくりを意識しておく…

転職期間中は、自身の趣味に没頭したり、体力の低下を招かないようにしておくと良いと思います。再就職先が決まり、仕事を再始動したとき、趣味に夢中になっていたことで気付かない間に集中する力が上がります。さらに体力アップが図れていることで、その場の社員と比較するとスタミナがあると自覚します。なので、退職して転社先が決まるまでは自分の趣味に没頭することと、体力を低下させないようにするのが何より良い事なのです。そして、その職場にて同じ趣味の人と知り合えたなら、話が盛り上がるので、今まで手を出してなかった事にチャレンジするのも転職期間の自由な時間の使い方です。

退職|長く接客関係で勤務を続けてきましたが、年齢を重ねると…

長く接客関係で働き続けてきましたが、年をとったせいか立ってする仕事は体力的にハードなため、事務系のお仕事への転職を目指して活動しました。事務未経験となるとけっこう厳しく、それなら接客経験も活かせる受付兼医療事務を目指そうと思い資格試験にも合格し個人のクリニックに転職することができました。周りはベテランである先輩パートさんばかりで人間関係が苦痛。夜のシフトばかりさせられ、接客業で働いていた時よりも帰る時間も遅いのですが、初めはキャリア形成の時期だと諦め頑張ります。

転職するとき、インターネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェン・・

新しい職を探すとき、インターネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」つまり斡旋してくれる会社があるが、もしもそういったエージェントに登録し、幸運にも就職先をうまく見つけたとしても、「失業保険」は給付されないので注意しましょう。失業保険は、「ハローワーク」で正しく手続きしないことには給付されないのであとで後悔しないように気をつけておきましょう。これに対し、「ハローワーク」主導で斡旋してもらって就職したときは、就業のための準備費用として一時金が支払われます。ネットで集客している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。彼らは、企業から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険の手続きは管轄外です。このことについて知らなければ、失業中にお金がもらえない事態になるので、就職エージェントを利用する予定の方は注意しておきましょう。

転職を考える際、転職先での年収について気にしすぎる人・・

転職しようと考えたとき、転職先での給与ばかりに気を取られる人がとてもいるようです。もちろんほとんどの人は、仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給料として稼ぐために働くはず。年収の額は自分の価値を測る指標という側面もありますから、大切なことは当然なのですが、しかしながら、必要である以上にもらっている年収額に執着しすぎるのもさみしいものです。この世には収入面にそれほど期待ができない仕事であっても、やりがいを感じられることが多々あるからです。

女性の再就職については、現在と一昔前では少なからず、状況に違いがあったりします。

女性の再就職において、一昔前とここ最近とでは若干、違いがあります。以前は面接の際に会社側から、結婚の予定や出産後の考え方についてごく一般的なこととして女性たちに質問していたのですが、最近では、結婚や出産などについては、セクハラに該当するとして聞くのを避ける会社が増えています。また、世間に名の知れた大きな会社ほど、この手の質問を全面的に避ける傾向にあります。そうではあるものの、企業側は、はい・いいえ、で返答するのではなく、その女性が結婚後・「出産後はすぐに復帰するのか」などを知っておきたいとは思っているものです。自らの考えを理解しておいてもらうためにも、自己PRや志望した動機と一緒に表現することで、会社側にも認識してもらえ、判断してもらいやすくなると考えます。ですから、聞かれてない箇所についても、あなたの側から積極的に答えてみることを考えてみてください。

もし転職することが、今の会社にいる人たちがあなたの転職を知…

転職することを、今働いている会社の同僚たちがあなたの転職を知ってしまうと、職場の状況が大きく変わるおそれがあります。今までの周囲との関係によっては、問題はないこともありますが、意地悪や、やっかまれる可能性など様々です。加えて、残業時間を意図的に増やされるキケンもあるので、むやみに転職のことを周囲に言うのはあまり良いとは言えません。上記トラブルを避けるために、いまの職場では、いたって真面目に誠実に振る舞いましょう。そうすれば、良い関係をギリギリまで残したまま、気持ちよく仕事を辞められるはずです。さらに、円満退職に至れば、辞めた会社にあなたが困ったときにアドバイスをもらえる機会にも恵まれるでしょう。業種や規模に関係なく、どのような企業であっても、繋がりなので、辞める際のトラブルは、なるべく回避しておきましょう。