退職|転職活動では、それなりに準備をしなくてはなりません。

転職にあたって準備は必須です。

  • 転職活動にあたって相応の準備が必要です。そのなかでも、目に見える「服装」は注意している人は多いでしょう。けれども、近年の面接に関しては、形式ばらない服装を許可している企業もあるので、ビジネススーツで行く必要がないケースもあります。とくに会社の設立したての新規の会社などは、厳格なマニュアルもないことが多く、私服の方が印象が良くなります。そして、正装ではないので、フランクに話が出来るのも魅力です。また、私服だと面接中に、洋服について、話もしやすいですから、うまくいけば担当の人から気に入られる期待もできます。ということから、今後、転職する際は、企業の「創立した年」をチェックしてみて、(ベンチャー系企業相手の)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

  • 転職をしようとするときに、まずは今勤務している会社を辞めた後…

  • 転職をするのに、まず今の会社を退職してから転職しようと考える人もいますが、そのような場合ボーナスのことを確かめておきましょう。ボーナスの支給がある会社は星の数ほどありますが、ボーナスがもらえる会社であれば、ボーナスの支給の時がもうちょっとならば、ボーナスが支給されてから辞める意向を伝えるというのも賢い方法です。ボーナスはなかなかたくさん入るので、もらっておかないともったいないとも分かりますから、会社を辞めようと思ったらボーナスが支給される時期について確認するのを忘れないようにするのが損をしません。

  • 再就職する際、比較的要となるのが「面接」になります。

  • 再就職をする場合、重視されるのが「面接」なのは間違いありません。多くの場合面接の際は面接担当者が応募者に対し、転職を決意した経緯などいろいろな質問が飛んできますが、そしてほぼ100%、一通りの質問と説明が終わると、転職希望者から、面接担当の人へ聞いておきたかったことなどを質問できます。面接担当の方から「弊社について何か質問はありますか?」と尋ねてくれるわけです。そういった質問をされたとき、面接者本人が緊張しすぎて質問を遠慮してしまうかもしれませんね。こういった場面に備えて、予め会社や仕事に対しての疑問点などの(あなたからの質問を)準備しておくと良いかもしれません。実際に働く前の段階で、いくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、試してみてください。

  • 満足できる転職を希望しているのなら、計画的な情報を収集することが必須です。

  • 転職を成功させたいのなら、最初に行動をしなくてはいけません。それには現在はどれほど中小クラスであっても公式ホームページで企業のことをわかるというのがほとんどですので、インターネットで自分が気になる点をチェックしておくとそれとその会社についてよくわからないことなどを整理しておくと転職に役立つはずです。公式ホームページ以外にも、「転職サイト」を利用するのもお勧めです。また、インターネット以外の手段として、転職の候補にしている企業を自ら判断してみましょう。

  • 日本には「石の上にも三年」という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。

  • 日本には古来より「石の上にも三年」という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。昨今、「終身雇用制度」といわれる現代では定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのが一般的な事柄となってきています。しかしながら、「仕事を変えること」身近な存在になったからといっても、やたらと仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。仕事を変えたいと考えているなら、時期を図る必要があります。基本として、現在の職場、自分の置かれている立場などに関して、不満を感じる点を少なくとも5、できれば10個ほど、探してみてください。そうすることで、将来の転職活動に役立ちます。そして、未来の展望が拓けたのなら、迅速に、より良い仕事を手に入れるべく取り組むことが大切です。

  • 再就職の際に用意しないといけない履歴書は、たいて・・

  • 転職をしようとする際に絶対に書かなければいけない履歴書や職務経歴書に関してですが、基本、手書きではなく、パソコンを使って作るのが通常です。今現在の日本においては履歴書についてはパソコンで書かれたものではなく手書きで用意するというのが一般常識だと捉えられていることも多いですが、それは新卒時の就職活動やアルバイトの時に用意する履歴書であって、実は、転職の時は100%必ず手書きでないといけないとはっきり言うことはできないのです。自筆の履歴書や職務経歴書をベストとするケースもあるようですが、そうじゃない会社がずっと多くなってきていますから、パソコンを使って作ったものでもよろしい企業は意外にも多いのです。

  • 以前の求人情報に性別がもれなく明記されていました。

  • 昔の求人情報では、雇用主が求める人材の「性別」まで当然のように記載されていました。しかしながら最近では、男女雇用機会均等法が施行され、雇用時、男女差別がしてはいけないとして、募集要項の条件に男女の文字を見ることはなくなりました。そういった変化があるものの、求人する会社側には男性・女性のどちらでも良い、とは真意ではないのです。従って実は男性を必要な案件に女性が募集にやってきたり、女手が必要な案件に男性が応募してきたり、というようなトラブルに遭遇するケースもちらほら。求人で女性活躍等と紹介されている求人募集の場合は、会社側が「女性」を必要としている、と解釈しておいた方が良いでしょう。

  • 派遣社員として働くことになりました。

  • 派遣のお仕事が決定しました。勤務の初日に派遣会社の営業の担当の方と就業先の近くのコンビニエンスストアで合流することになっていたのですが、営業担当者がどうしたことか約束した店の前にいないので中にいるのかもしれないと思い店の中に入っていくと、こともあろうに雑誌コーナー前の通路に座り込んでいかがわしいグラビアページを開いて読んでいるのを発見しました。こんな人が自分を担当するなんて人間としてプライドが許さないことだと感じて、挨拶することもなく気付かれないようにお店の中から出て即刻派遣会社に仕事を辞退する旨を電話で伝えました。

  • これまで20代前半に転職を数回行い、いまは複数の資格をとるため…

  • 20代までに転職2回で、現在は資格の勉強をしながら、派遣社員で働いています。フルタイムの勤務ではないのでやはり給料は過去の仕事よりも少ないです。心と時間に大きな余裕が出来ています。学生の頃にいくつか資格を取り、仕事できれば良かったのに、とは思います。実際、そのような人を見ると余計に羨ましく見えたりもします。前までの私は、自分と他人を比べてしまい、気分が落ち込むことが多かったのですが、しかし現在は、結婚を契機にがらりと生活自体が大きく変わり、そのなかで将来の進路も定まったので充実した日々を過ごせています。

  • 退職|再就職をする時に受ける面接では、中堅企業クラスの場…

  • 再就職のときに行われる面接というのは、規模の小さい企業だったらおおよそ「人事」が面接官ですが、それ以外の場合もあるはずです。例えば、これから仕事をすることになる部署の責任者、言い換えれば課長や部長クラスが面接を担当することも少なくありません。とくに営業職や事務職といった部署に転職するのなら、資格を通じた具体的なイメージはありませんので、自信をもって自分を売り込んでいくことがとても重要になります。面接担当から「この男は、きちんと主張できるし、それに良い戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を印象付けることがとても大事になります。

  • 退職|現在の仕事と転職活動を並行される人は少なくありません。

  • 転職活動を現在の仕事と並行している人が多いです。とはいっても、忙しく仕事を行いつつ求人を調べて応募したり、面接に行くのは心身ともにきついものがありますよね。転職活動をしているあいだ、現在の職場の同僚や上司に隠す必要があります。そういった状況で「とりあえず応募しておこう」と考える人がいるのですが、書類選考をクリアし、面接に呼ばれてから辞退すると今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを通して応募している場合は、エージェントに悪い印象を与えてしまいますし、それとは異なり自身でダイレクトに応募した場合も相手企業から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。いずれにせよ自分の貴重な時間をドブに捨てることになりかねないので、行く気のない案件は、最初から応募もしないのが無難です。新卒の就活とは全くことなることを理解しなければいけません。

  • 退職|転職を行うにあたって、仕事におけるやりがいアップも大切だけど…

  • 転職をするならば、やりがいのある仕事をすることも大切だけどさらに給料アップも大切なポイントになるから「年収比較サイト」というところに登録してあらかじめ研究をしています。一緒の会社で一緒の職種、経歴であるのに人によってかなりの違いがあることも多くあり、ぶっちゃけた話面接の際質問をしたことがあります。面接をした人も一緒のサイトをチェックしていたみたいで「その高収入で書いているのは、書いた人間も誰なのかある程度は察しがつくのですが、おそらく見栄をはってるんですよ。低い方で心の準備をしておいてください」とのことでした。

  • この頃では、株・不動産投資の不労所得のほかに自営業・起業といった生き方も増えています。

  • 今のご時世では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得、もしくは起業といった生き方も増えています。そういったような世の中の変化に伴い、「雇用されて働くこと以外は怖い」といったこれまでの考えも変わりつつあるようです。高度経済成長時代には、どうなるかわからない個人事業や株式よりも雇われているほうが将来が安定していました。そのため人生の正しい進路として、またそれが自然のことのように広く世の中に浸透していました。しかし、そういった時代は終わり、現代は「成熟期」という名が言い表されています。機械化、自動化が進んで仕事で人が要らなくなる社会になっていく、とも言われます。

  • 退職|新卒で入社した会社を辞めて、決意を新たに転職しました。

  • 新卒採用で入社しましたが、悩みましたが、転職すると決めました。会社を辞める前は、長い間悩みました。でも、社会人となって数年あとに仕事を辞め、中途採用として働いている人が大半であると転職活動をしていく中で学び無意識のうちに以前よりも安心することが出来ました。転職をするとなにか気持ちが楽になった気がして、自分の好きな仕事を再確認できて日々が明るくなりました。いまだに「仕事をコロコロ変えるなんてとんでもない」といった転職する行為を咎める意見もありますが、それが必ず正しいのかなと感じました。私のケースでは間違ってなかった、と思っています。

  • 退職|生まれて初めて失業保険の給付を受けるケースでは、「何もしなくても自動的にもらい続けられる」と考える・・

  • 生まれて初めて失業保険の給付を受ける場合、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている人がかなりいますが、それは間違いです。本当は、失業保険をもらうためには、求職活動を行っていなければならず、その上、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。毎月ハローワーク職員との面談を通じて、きちんと仕事を探していることを理解してもらえれば翌月の保険給付が行われるシステムです。他方、きちんとで仕事を探そうとしていないと判断されたり、月に一度のスタッフとの面談に参加しないときは、決まりとして給付をストップされたり、それ以降の給付資格も失効するおそれがあるのでそれを防ぐために十分注意しましょう。

  • 3ヶ月まえに、転職したばかりなのに、慣れもしないあいだに…

  • このあいだ転職したというのに、早期に退職してしまうケースがわりとよく見受けられます。それは私の思うところは心機一転、自分に合った環境を手に入れたものの、「自分の理想としていた職場環境と大きくかけ離れていた」「会社独自のルールになじめない」といった感じで退職してしまうのじゃあないかと思います。このような、転職先選びでの失敗を後悔しないためには、初歩として、前もっての情報集めは徹底する、に尽きます。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場環境、通勤に掛かる時間、など多角的に事前に調べておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。