退職|転職活動を行うとき、様々な方法で情報を収集するのが通常だと思いますが…

退職|転職活動をする際、いろんな方法で情報を集める人が大半だと思います・・

転職活動を行う際、あれこれ情報収集されるとは思いますが、転職についての「口コミサイト」は、とても利用価値があります。少し前に、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからということで、サイト運営会社を相手に損害賠償請求を起こした事例がありました。会社の都合で退社した元社員の腹いせとしてそういった内容が投稿された、と見るのが一般的ではあるものの、別の見方をすると、ウソの書き込みだったなら、書かれた会社側が何ら気にする必要もないはずです。しかしながら、本当は『クロ』で「本当のことが書かれているので、火消ししなくては!」と思っているのかもしれません。「口コミサイト」も炎上ネタが増えることでアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、よくない内容の口コミが目立つのは、それだけ入社してからトラブルに遭遇する覚悟をしなければいけないといえるでしょう。人もそうですが、本当に善良な企業であればトラブルなんて起こりません。

実際に失業保険の給付を受けるためには、職探しをしていることの証明が必要になりますが・・

失業保険の給付に関して、客観的な意味で、職を見つけようとしている姿勢を見せる必要があります。とはいえ、現実的には「会社を辞めしばらく遊びたい」と思う人が多いはずです。ですので、真剣に求職活動をしているように見せることができるので教えておきます。月一回のハローワークスタッフとの面談は当然のこととして、その場で「求人票」を閲覧することを最低限やらなければいけません。真剣に探す意思がないときには、求人票を熱心に見ているふりをして、ハローワーク職員との面談にて、「労働条件のいい仕事や続けられそうな仕事が意に反して見つかりませんでした」と相手に伝え、次の機会を狙いましょう。

退職|転職先を探している間は、自分の好きなことに時間を使うほ・・

転職先を探している期間中は、自分の好きなことに時間を使ったり、体力を低下させないようにしておくと良いと思います。転職先が決まり、いざ仕事復帰した時に、趣味に没頭していたおかげで知らない間に集中する力が身に付きます。そしてまた、体力アップしていることで他の社員さんに比べると疲れない体になっているということを認識します。というわけで、退職して転社先が決まるまでは趣味に打ち込むことと、体力を落とさないようにするのが何より良い事なのです。もしも、同じ会社内で共通の趣味を持った人と出会えれば、話が盛り上がるので、今まで手を出してなかった事にチャレンジするのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

長く接客関係で務めていたのですが、年齢を重ねるにつ・・

長い間接客業で務めていたのですが、年齢的に立って行わなければいけない仕事は体力的にしんどいため、オフィスワークへ仕事を変えることを第一目標として動き始めました。事務の経験がなければ少々厳しくて、そこで接客の要素もある受付兼医療事務になろうと資格試験にも合格し個人医院に転職をしました。周囲は超ベテランの先輩パートさんだらけで人間関係もややこしい。夜のシフトばっかり押し付けられて、接客の仕事をしていた時よりも帰る時間も遅いのですが、とりあえずはキャリア形成の時期と考えて我慢します。

転職時、インターネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント・・

求職活動をするとき、インターネットでのエージェントを使う手段もありますが、そこに登録し就職先をうまく見つけたとしても、失業保険とは何の関係もないので要注意です。失業保険は、「ハローワーク」にて正しく手続きしないと給付を受けられないので気をつけなければいけません。一方、「ハローワーク」を介して斡旋された会社に就職した場合は、就業のための準備費用として一時金が受け取れることになります。ウェブで集客している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るだけであり、失業保険の手続きについては、ビジネスの対象外となります。このような点を押さえておかなければ、失業中に給付金をもらえなくなるので、就職エージェントの利用を検討される人は特に気をつけましょう。

転職をする場合、転職後の給与ばかりに気を取られる・・

転職というものをする場合、転職先での自身の年収を過剰に気にする人がかなり多いです。もちろん大部分の人は仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給料としてもらうために精を出すのでしょう。だから年収がいくらかは自分がどれほど評価してもらえているか、という見方もできますから、当然大切なことは否定できません。しかし、必要以上にもらっている年収額ばかりを異常にこだわりすぎる人生というのも考え気がします。収入面にそれほど期待ができない仕事であっても、やりがいを感じられることが大いにあるものだからです。

女性が転職するに当たって、現在とセクハラが問題視される前で…

女性が転職する時、セクハラが社会的に問題になる前と現在とでは多少の違いがあったりします。過去には面接の際に会社側から、結婚観や出産後の方針などのことに関して、ごく一般的なこととして質問されることが多くありました。でも、現在の流れとしては、そういった内容はセクハラに該当するかもしれないので聞かない企業が増えています。そして、世間に名の知れた大きな会社ほど、この手の質問を全面的に避ける傾向にあります。しかしながら、面接する側としては、〇か×といった形ではなく、その人の考え結婚後も働きたい、育休の取得が必要なのかどうかなどを知っておきたいと思っているはずです。自分自身の考えを知っておいてもらうためにも、自己PRや志望の動機と混ぜながら表現することで、相手側も考えがわかり、安心できると思うのです。ですから、聞かれてない箇所についても、先にあなた自身から積極的に話をしておくのが良いでしょう。

転職前、今の会社の人たちがそのことを知ってしまうと、…

もし再就職の前に、今勤めている会社の人たちがあなたの退職を知ると状況が一変するおそれがあります。働いている会社の環境によっては、意地悪されるおそれもあります。加えて、残業時間を意図的に増やされる仕打ちも考えられるので、軽率に転職のことを周囲に言うのはお勧めしません。上記のようなトラブルを回避するためにも、仕事をしている現場では、いたって真面目に振る舞いましょう。そうしておけば、良い雰囲気のまま最高の形で仕事を辞められるはずです。しかも、何の問題もなく円満に退職できたなら、退職後も、相談にのってもらえるチャンスも手に入るはずです。業界に関係なく、どこの企業も人とのつながりがとても重視されるので、会社を辞める際のトラブルは控えましょう。

転職することで勤め先を一新するということは、自身に合う…

転職して仕事先を新しく替えるということは、自分に合う理想に近い場所を見つけたほうが良いということです。勤務先、職場を変えることによって、適した仕事に出会えるかもしれません。しかし、マイナスの面も持ち合わせていて、相応の努力やスキルが必須となります。逆をいうと、あなたの力量次第で、天職に就くことができるチャンスも広がる、ということです。今は、職業選択の自由が一般敵に広く受け入れられているので、仕事の環境を変えたとしても偏見を持たれるなどのリスクも殆どありません。組織と人との関係が軽薄になりつつある今現在、「スキルのある人材が欲しい」と感じている企業も増加していますので、今の良い時期を活かしましょう。

いい企業の社員になりたいと転職活動をしている中の大半・・

もっと良い職場の社員になりたいと転職活動をする人というのは、「できるだけ早く、内定(採用通知)がものにしたい」と思ってしまうはずです。でも、通知を欲しいあまり、自身の能力を高く偽ったり、また逆に過小評価にしかならない売り込みをするのはなるべく避けるべきです。焦る気持ちをぐっと抑えて、冷静に、そして客観的に、自分にふさわしい職場を探すことに集中しましょう。これまでのキャリアを活かせるように、さらには、今後のキャリアアップが実現できる場所を選択してみましょう。

退職|看護師という仕事の人のそれと違う職業に転職に至る原因は…

看護師でありながらほかの職業に転職の原因はその人によって違うはずです。考えてみると転職には「職場環境に関わりたくない人がいる」「結婚がきっかけで自分勝手にできなくなって出産加えて子育てそれに家族の介護など、環境のいくつかの変化など、これまでのような働き方ができなくなった」「収入面で不満を感じている」など多種多様の理由が解消したいために転職されるのかもしれません。ですが、それでも「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と、今一度じっくりと現状を客観視することも大切です。「本当に転職して状況が良くなるのか?」と再考したのち、決断してみましょう。

人生はじめての転職をされるなら、なぜ今の仕事を去らなければいけないのか…

最初に転職をするとき、注意すべきことはなぜ今の仕事を去らなければいけないのかについてハッキリしておく必要があります。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておくべきです。そして問題を改善できそうな会社を選択するのです。社会に出てからの転職活動は、大学等での就職活動とは性質が大きく異なり、現在の仕事を続けながら就職活動しなくてはならないため、時間と体力を消耗します。したがって明確な理由がないまま転職活動をしてしまうと、目標の途中で息切れしてしまいます。どんな方法を使ってでも転職したい、現状を変えたいという熱い気持ちがないのであれば、転職活動を行うのは辞めておくのが賢明です。

退職|近時は、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件についての取り締まりが厳しくなったり、…

今日では、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり、労働条件による取り締まりが強化されたり、悪質な会社が公開されたりするなど、不利益を被るシステムができてきましたが、まだまだ完全ではないのが現状です。そのため、面接で見破る必要があります。とりあえず、求人票等に書かれている労働条件をチェックし、それらを使ってあれこれ質問していきましょう。「ブラック企業」が相手の場合、質問したことが嘘であった場合、明確に返答できなかったり、「その場では答えられない」みたいな逃げ腰になることがよくあります。特に給与や残業や休日に対しては、詳細について聞くと、渋い顔をするケースが多いです。それでもめげずに尋ねていくと、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せ始めるため、その瞬間に相手のウソを確信できます。このような会社は、嘘をつく体質であるといえるので、何か違和感を感じたら、入社はキャンセルするのが無難でしょう。

転業を予定しているのなら、まめに多種多様な企業を定期的に調べたり比較したりしておくと…

転職しようと思っているならまめに色々な会社を日常的に調べたり比較したりしておくと転職先をかなり選びやすくなります。あなたが今の仕事にやりがいを感じられないと思っているケースでは、いざ転職活動を開始した時、どんな会社でもいいように映ってしまいます。そうなってしまうと、どの会社を選択したら良いのかわからなくなり、どんな会社でも飛びついてしまいます。その結果、短い期間で退職の道に進んでしまうので、見る力を養っておいたほうが良いのです。方法としては、転職したい会社の雇用に関する情報だけ見る以外に、その転職したい会社の「取引先」も気にしてみましょう。透明性ある良い企業は、取引している会社情報を開示していますし、そうでは無い会社は広告宣伝ばかりしている傾向が強いので、求人チェック時に見ておきましょう。また、会社によっては、個人でのグループに入っている会社があるので、グループの名前でチェックし、確認しておくのも手です。

勤務していた会社で意地の悪い上司に悩みを抱えて、つい…

勤務していた会社で嫌で反りが合わない上司に悩みを抱え、ついには仕事をする気力がなくなってその会社を退職し、同じ業種の別の会社に転職しました。そこでは会社に行くのが楽しく非常に満足した毎日でしたが、少しずつ会社の売上が悪化して、とうとうとある会社に経営統合されることになったのです。偶然にもその統合した先の会社がなんと前いた会社で、それどころか感じの悪かった上司がもう一度私の上司になることになりました。ここまで縁があるとは。当たり前ですがもう一度転職活動を始める予定です。

転職活動をしていると、面接において例外なく質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をしていれば、例外なく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。志望動機については、心で思っていることをそのまま話してもOKですが、これとは異なり「転職理由」を正直に話すのはオススメできません。たとえば給与に関する不満、同僚や上司とのトラブルなど、採用担当者によいイメージを持ってもらえるものではありません。たぶん、自分の得にならないことを何も考えずに話す人は非常に少ないと思いますが、転職先企業はその点を重要視しているため、慎重になりつつ、あなたへ探りを入れてきます。これに対して悪い印象を与えるのを回避する方法として、現職の仕事の内容以外のことを話さないように心がけることです。加えて、この会社に入社してこんなことをしたい、「5年後にはこうなっているだろう」、そのために御社を選択しました、と志望動機に話題を変えてしまいましょう。