退職|近時は、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようにな・・

現在、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり…

「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり、労働条件についての取り締まりが強化されたり、悪質な企業の場合は公表されるなど、厳罰化の方向に動いていますが、未だ完璧とは言い難いのが現状です。実は、面接で見破る方法があります。とにかく、求人票などに記載された労働条件に目を通して、それらの項目を一点ずつあれこれ質問していきましょう。相手がブラック企業であれば、記載内容がウソだったときに、返答が詰まります。「その場では答えられない」みたいな逃げ腰になることが多いです。特に給与や残業や休日に対しては、質問を続けていく中で、渋い顔をすることが多くあります。それでも質問を続けると、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされるような態度になるので会社の本当の姿に気づきます。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、少しでもおかしいと感じたら、見抜いた方が後々いいと思います。

転身を予定しているのなら、いろんな会社の採用情報の詳…

転身を近いうちにするつもりなら、こまめに多様な会社の情報を定期的に調べておくと転身した後の見る目にかなり役立ちます。今現在の職場に満足していないと、いざ転職活動を開始した時、どんな企業でも魅力的に見えてしまいます。そんな状況下では、どこを選択すべきか選ぶ会社に迷いが出てしまう結果になり、判断を誤る可能性が高くなります。結果、あっという間に不満が募ってしまうこともあるので会社の良しあしを見極める目を養っておいたほうが良いのです。方法としては、転職したい会社の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、その会社の「取引している会社」を見るのがオススメです。透明性を重んじる企業は取引している会社を公表していますし、そういった会社でない場合、傾向としては宣伝に力を入れてるといえますから確認しておいて損にはなりません。さらに、会社によって個人グループに入っているケースもあるので、グループ名をチェックをすると細かい所もチェックできます。

昔働いていた会社でのことですが相性の悪い上司に憂鬱な気分にさせられ、…

新卒で採用された会社で意地の悪い上司に頭を抱え、結局我慢できずに退職し、同業である別の会社へ働き先を変えました。転職先の会社では居心地よく勤務することができて非常に満足していましたが、時が経つにつれて会社の業績が落ち込んで、とうとうとある会社に経営統合されることになったのです。経営統合の相手はなんと転職前に働いていた会社で、おまけに反りが合わない上司が再び私の上司となることになりました。こういう悪いめぐり合わせとは、どれだけご縁があるのでしょうか。当たり前のことですがまた転職活動を始めるつもりです。

転職活動中に、面接のときに絶対に質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をしていれば、面接において高い確率で尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。志望動機に限っては、率直に話してもかまいませんが、転職理由について隠さずに話すのは得策ではありません。給料に対する不満、上司や同僚との人間関係など採用担当者に好印象を与えるものではありません。もっとも、自分にとってマイナスになると予想されることをストレートに話す人はほとんどいないと思いますが、転職先の企業はそういった点を気にかけているため、慎重に質問をしてきます。現職の不満を相手に言わないためには、現職の仕事内容から脱線する箇所には一切触れないことです。そして、この会社に入ってこんな仕事をしたい、「3年後にはーしたい」「5年後にはーしているだろう」、その希望が叶うのは御社しかありません、と志望動機に話題を変えてしまいましょう。

万が一あなたが、転職を意思を固めたなら、徹底的に社内の人間に・・

一度、転身を思い立ったのなら、あくまで周囲の人にはその気持ちがばれないように、首尾よく転職活動を進めていき、現在の会社に所属している間は、同僚に悟られないよう平常通りに業務をこなしていくのがとてもいいです。その姿勢でいれば、希望通りの条件に沿う転職先が見つけられなくても、転身時期を遅らせながら、今の職をそのまま続けることも心配がありません。そうではなくて、「転職するつもりでいる」と口を滑らせると、会社の人間は、その言葉を受けた応対をします。周囲に「辞めるつもりです」と言ったが最後、「あの人はもうすぐ退職する」と見なされます。そのようなシチュエーションになってから、転職の気持ちが消えて、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」となっても、周りの人間には、「一度は辞めようとした人」ということで肩身の狭いと感じる強いられるかもしれません。

友人の紹介で転職の先を探す人もいるでしょう。

知人からの紹介によって転職を叶えようとしている人もいるでしょう。ただし、その職場の労働環境、その他の労働条件などを知っている人からの口コミをあまり信用しすぎると良くはありません。なぜなら、そういう口コミ情報というものは客観的な要素が排除されやすく、主観が入ってしまうからです。要するに紹介した人の立場では今よりずっとベターな職場であっても、あなた自身にとっては、イマイチな場合だってあるのです。ということで、職場環境については口コミを過剰に信用しないように、最後は自分の目でしっかり確認しておきましょう。

再就職する時に行われる面接で使う腕時計については、目を惹くよう…

再就職をする際の面接で使う腕時計のことなのですが、目を惹くようなものは着用しないほうが悪い印象を与えません。この場合の目立つ腕時計と言うのは明らかに高価なものだったり、といった意味合いだけではなく反対にチープな腕時計に見えてしまうとか、そういう目を惹くという意味であって真反対で目立つ、ということでとらえておきましょう。転職時の面接に着用していく腕時計に関してもポジション的にはネクタイやスーツと同様にとらえ面接するにふさわしい堅実なものをつけるほうが賢明だと言えます。ですが、歳にあっているということも条件の1つで、新卒の時に面接で準備したものよりはほんのちょっとでも高いものにした方が好ましいということははっきりと断言できます。

多くの場合一流企業は「定期採用」がメインなので、転職で入りたい人にはたいへん厳しい条件といえます。

たいてい大企業は「定期採用」で人材を確保します。ですから、転職希望者には不向きです。加えて、地方でとなると転職の見込みがずっと少なくなりそうです。とはいえ製造業においては、都市部でない地方の工業団地などを製造工場を置いていることも多々あります。また、そういった工場は、事業分野の拡大時等に「途中採用」を併せて行っているので、そういったチャンスに転職も悪くないと思います。そのためには、地方の工場に転職しようと思うなら、転職を希望する会社の情報をあらかじめ知っておきましょう。ホームページをチェックし、人員募集の予定がないか時々チェックしてみてください。

転職する活動をしているときに、「かつて、このような内容…

今やっている転職する活動の際、「これまでこのような仕事をしてきました」「これまでに手にした経験は、、、です」と過去の成功体験などをよく伝わるようにアピールする人はときどき目にします。ただし、応募し再スタートを狙う組織で「近い将来こういった仕事をしたい」「私があげたようなことであればぜひ貢献できると思う」と将来的なビジョンを話して自身をアピールを狙ったほうがはるかに効果的だったりします。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。

退職|転職サイトでは、登録後、電話やメールで執拗に連絡が入ってきます。

転職サイトは、一度登録したら、電話やメール連絡が呆れるくらい入ります。これについて「転職エージェント」の利用が初めての人は非常に驚くケースが多々あります。転職エージェントは転職させることが仕事なため、非常に積極的にアプローチしてきます。その中でも大手エージェントは、転職を成功させることで企業から報酬がもらえるシステムであることから、転職する側の都合より企業側を優先させることが多かったりします。さらに、転職エージェントは、契約数を増やしたいために、内定が出ると間髪入れずに、「入社されてはどうでしょうか?」と説得を図ります。防御策として自分の気持ちや意思を自身で整理しておき、転職に妥協しないように注意を払うことが必要です。

クールビズ(軽装)の服装で転職の面接会場に行こうとする際には・・

クールビズスタイルで転職の面接会場に行こうとする場合、ジャケットは着ていかなくても大丈夫だと間違いなく分かりますが、ネクタイはしておいた方が間違いないです。ネクタイに関してもなくてもOKだと認めている会社も存在するケースもあるにはありますが、ことネクタイだけはクールビズだろうとすべきだと決めているところが存在するわけです。なので、クールビズ(軽装)と言われていたとしてもネクタイを絶対に着用してから面接に行った方が安全であるということを認識しておいてください。

再就職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」のように・・

もしもあなたが再就職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」において大都市から地方に移って転職したいと検討している人、実践している人が増えています。今では転職サイトを駆使すれば、国内のあらゆる場所の求人情報にも手軽に知ることができますが、ただ、郊外や地方での求人情報は、大都会ような選択肢がないのが正直なところです。といった問題があるので、求人サイトを活用するのは当然ですが、求人サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」などのサイトも確認しておかれることをお勧めします。そうした機関の就業サポートの情報も確認しておくとよいでしょう。

これから転職活動をされるなら、気になった求人(もしくは業界…

これから先、転職活動をされるなら、気になる求人(もしくは業種)を見つけたら、絶対「〇〇業、ブラック、デメリット」とインターネットで検索し目を通しておくべきです。求人票や担当してくれる転職エージェントの言葉からはまずその業界のマイナスにあたる箇所は、知らせてもらえません。もしも、ブラック企業体質な業種であれば、ネット検索を活用することですぐに現実を知ることができます。そのような検索をしないまま、会社に入ると、あとから後悔してしまうかもしれません。そもそもその求人が出ている理由が、「仕事がキツイからすぐに人が辞めてしまう」といったケースが多くを占めるため、気になった業種について、納得するまで下調べをして応募するようにしましょう。

これはシフトの業務についてです。

「シフト制」がある仕事についての話です。毎週、同じ曜日に入れる人を募集している求人をけっこう目にするのですが、もし、応募しようと思っているなら休み方やシフトの提出方法を面接の際にチェックしておくべきです。それはなぜかというと、私は過去、出産のため抜ける人の代わりにと正社員の仕事をはじめたのですが、「土日」固定となるシフトだったのですが、新人の私以外、誰も現場にいませんでした。前任者が「土日」に必ず出る人だったので、私自身もそのような人と思われていたようです。実際「土日」に休まざるを得なくなると、シフトを変えてもらう必要があり、職場の先輩たちに私の代わりに出勤してもらえるように、と私から連絡を入れなくてはいけませんでした。給料も立場もほぼ同じなのに土日を私だけに任せるのは納得できませんでした。冷静に考えると、「本当によく耐えたな」と。

退職|ある古物商の会社で書類選考に受かりました。2、3日し…

とある古物商の求人にて、書類選考に受かったので、担当者から面接の日時を教えてもらいました。ところが、当日、時間通りに指定場所まで行ってみると、どうしてか相手が面接準備を全くしていないことがわかりました。待たされたのち、所長らしい男性が面接に応じてくれましたが、呆れるほどだらしのない態度で迎えられ、やっとのことで面接を終えました。ところが、予定日になっても合否連絡が一切来ず、待っていられず、私のほうから問い合わせると、「郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待ちましたが、しかし、これも未達なのでそんなわけでまた問い合わせると、なんと、「結果は不採用でした」、と勝手に電話を切ってしまいました。あまりのことに呆れ果てて絶句してしまったのですが、ハッキリ言って、採用されなくて良かったとホッとしています。

退職|転職エージェント、そして転職サイトを活用し、転職活動を行う人はますます増えています。

転職サイトあるいは転職エージェントを活用し、転職活動を行う人はかなりいるはずです。でも、転職についてよりよい結果を得たいのであれば、それと同時に転職フェアも併用されることをお勧めします。転職フェアでは、多くの企業が同時に参加するので、参加すればあなたの気になる企業の情報を効率的に得られますし、そして、その場で説明してくれるスタッフから、その企業の社風についてある程度は知ることができます。今後、転職フェアに参加する場合は、1次面接に挑戦するつもりで良い印象を相手に伝えられるように意識しておきましょう。それによりフェアを通して企業側から良い人材と見なされれば、その後応募して実際の面接時にかなり有利になると期待できます。