退職|近頃、株・不動産投資の不労所得や個人事業・起業といった生き方も増えています。

今のご時世では、株や不動産投資等の不労所得、または独立を目指す人も増えています。

  • 今の時代は株式・不動産投資をはじめとした不労所得、または個人事業・起業といった生き方も増えています。あながち「会社員以外の道はキケンだ」といった従来の見解も変わりつつあるようです。1960年代ごろの高度経済成長の頃には、将来が不安定な自営業といった稼ぎ方よりも会社勤めの方が安定していて、人のあるべき形として、またそれが自然のことのように一般の人々に認識されていた。しかし、そのような時代は過ぎ去り、今は、「成熟期」と言われています。今後は、機械化、自動化が進んで社会においては人手が必要なくなると言われています。

    退職|新卒で入社した会社を離れ、勇気を出して転職しました。

  • 新卒採用で入った会社にお別れをして、決意を新たに転職しました。実際に転職する前は、かなり将来のことを考え不安になりました。ですが、社会人となって数年してから仕事を辞めて、多くの人が転職を経験していることを転職活動中に学び、いつの間にか前よりも気持ちが楽になりました。1度、転職を経験したことによってふしぎなことに気持ちが楽になり、「自分の好きなこと」を再確認できて毎日が楽しくなりました。いまだ「仕事をコロコロ変えるなんてとんでもない」といったような転職を好ましく思わない意見もありますが、それが全て正しいとは思いません。私自身、転職を決断して良かったと思います。

    退職|生涯初の失業保険の給付を受けるときに、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている人・・

  • 生涯初の失業保険の給付を受ける際に、何もしなくても受け取れると考えている人が極めて多いですが、それは誤りです。実のところ、失業保険の給付を希望通りにもらうためには、求職活動を行っている必要があり、月に一度はハローワークに行く必要があります。1ヶ月周期でスタッフに求職活動の状況をきちんと説明して真剣に仕事を探していることをわかってもらえれば翌月、保険が給付されるという仕組みになっています。仮に、本気で仕事を探そうとしていないと判断されたり、毎月のスタッフとの面談に顔を出さない場合は、強制的に給付が一時停止となったり、酷い場合は以降の給付資格を失うことになるのでそれを防ぐために十分注意しましょう。

    この前、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、少ししか仕事もしてないの・・

  • ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたというのに、何ヶ月もたっていないのに退職を選択してしまう人が結構よく見受けられます。私の考えをいうと気持ちも新たに、素晴らしい会社を手に入れたものの、「想像していたものとギャップがあって幻滅した」「独自のルールに慣れなかった」という感じで退職してしまうことが珍しくないといいます。可能ならこういった、転職先選びで繰り返さないために、やはり、転職先の情報収集を徹底する、に尽きます。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。通勤にかかる時間、給与体系、などあれこれ事前にチェックしておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

    年内中に転職活動をしていく人で、次の仕事をする前にある程度期間があるのな・・

  • 転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでに時間が掛かりそうなら失業手当をもらうことをおススメします。これは勤めている会社側できちんと「雇用保険」を払っているのなら、手続きをすれば誰しも失業手当を受け取れます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行います。自己都合での退職なら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、状況によっては企業の都合での退職、あるいは残業時間次第ではすぐに貰える可能性もあります。さらに支給される「失業手当」の金額は、会社の辞めた月の直近の給料を基準にして計算するので勤めている会社に繁忙期や閑散期がある方は理想なのは繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

    新たな職場でそれまでに培ってきたスキルが生かせれば、…

  • 新たな勤め先でこれまでに培ってきたキャリアやスキルを生かすことができたら即戦力として認められ、即、職場にも馴染めるはずです。雇い主としても即戦力となる人材は常に欲しがるので、時期さえ問題なければ、簡単に採用されるでしょう。それに加えてこれまでの仕事と似ている仕事内容なら転職自体は簡単にいくはずです。かと言って、そこそこスキルがあるといっても大手企業の事務職、公務員の募集については、時代や景気に関係なく中々の難関を突破しないと就職自体が難しくなります。

    退職|転職活動の際には履歴書と職務経歴書を準備することが必須になってきます。

  • 転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書を準備することが必須になってきます。会社のほぼすべては履歴書に加えて職務経歴に記載されていることによって面接するかどうかを決めるため、まずはこの2枚の書類の作成が大切なポイントといえます。単に穴を埋めさえすればいいというわけではなく、内容の魅力化を図ることも重要です。「職務経歴書」では、過去に経験してきた職務の詳細や、可能な限り自己アピールとなる内容を記入します。さらに、過去以外に、現職で挙げた実績でアピールをするのも忘れずに。たとえば部門の残業時間を何%減らしました、など分かるように書いておきましょう。作成の方仕方がイマイチわからあい場合は、「転職エージェント」に職務経歴書を見てもらい、文章をチェックしてもらったりして自分のブランディングのために転職エージェントを利用するのも選択肢として考えておきましょう。

    大手の「就職エージェント」ほど、いろんな案件を扱ってい…

  • 大きな転職エージェントほど、豊富な案件を持っているという長所がありますが、一方、競合する転職希望者も多いです。それゆえあなたが、応募したい会社を探し出しても、転職エージェントのスタッフ側が「転職の望みが薄い」と判断すると応募してもらえないこともよくありますし、会社から見て自分より高く評価される人がいれば、そのライバルを優先することもあります。つまり大手エージェントはサイト未掲載の案件データを宝庫として扱っておりけっこう難しいので、中小クラスのエージェントに対し、応募したい会社や案件に関して相談し、応募できませんか?と尋ねてみると自分のために働いてくれることもあるので、そういった感じで利用してみるのも良いと思います。

    『今すぐ転職をしたい!』という願望があって、自身の意志が抑えられないくらい強いものであるな・・

  • 『今すぐ転職したい!』と考えていて、その意志が強いのであれば、退職したいということを速やかに上司に伝えましょう。ですが、ここでは曖昧な表現をすると上司に言いくるめられるおそれがあるので要注意です。実際にわたしが転職をすると話した時には退職を引き伸ばされてしまい、最終的に、退職するまでに半年くらい掛かりました。退職したいことをはじめに、直属の上司へと相談したのが年度末で、結果的には数ヶ月延びて辞められたのはその年の11月です。本来、ちょうど年度末を退職のタイミングにしようと考えていたのに、希望通りにはいきませんでした。やはり会社側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、社員のを要望を聞かないまま、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、さすがに心の底から愛想が尽きました。

    退職|今、私は派遣会社に登録して働いています。

  • 派遣の会社に登録しています。サイト上で興味を引かれる仕事を探して確認してみると「残念ながらその仕事は、別の方で話が進んでいます」という答えられ一瞬ウェブサイトからお仕事情報が消えるのですが、どういうわけか翌日に再度見ると再びその求人募集が掲載されています。それって要するに私ではダメだっていう意味ですよね。そうであるならば初めから変に隠さない程度ではっきりと言ってくれればありがたいのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。あるいはまた偽りの仕事なのでしょうか?

    現在の自らの職場や仕事に対する何かしらの不満があるはずです。

  • 今現在の自分の勤め先や業務内容について何かしらの不満点があるはずです。「自身のスキルや仕事での能力を正確に評価してくれない」ゆえに、「報酬は増えず、将来的なレベルアップも期待できない」といった不満が多いように見受けられます。とはいえ、上記のような悩みを持っている人のなかには本人が自分自身の能力を「過大評価」している事が少なくないのです。自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職しようとすると、自分に合った企業や職種がないと、中々就職先が見つからないことになりかねません。経済的に生活困難に陥る可能性もあります。再就職で良い成果をあげるためにも、あなた自身のスキルや能力を客観的に見つめることが大切です。

    退職|こういう転職というのは従兄から聞いた話です。

  • こうした話は友人の話です。新卒時の就職でどうしても就職したかった目標であるA社で行われた最終面接で不採用となり、ですから泣く泣く他の会社に就業しました。それから1年経たぐらいに派遣の求人サイトを閲覧していた時A社の紹介予定派遣の仕事が目に入り、いてもたってもいられずその時の会社を即退職し、A社で派遣での勤務を開始、思い切った行動ですね。必死のパッチで頑張ってそれから幸運にもA社で正社員として採用されて、現在においては仕事に誇りを持ちながらいきいき勤めています。

    退職|転職サイトは大規模なサイトであるほど多くの求人情報が掲載されているため、…

  • 「転職サイト」は、大手が運営しているもののほうが掲載される求人情報が豊富なため、気に入った2,3の会社を、とりあえずはウェブサイトに登録した上で、勤務地・年収などの条件にあらかじめを入れておき、さらに自動で案件が通知されるようにしておくと転職に関する情報収集が簡単になります。でも、初回だけは登録するのにかなり労力を要するので、登録前に履歴書と職務経歴書をきちんと準備し、そのコピー&ペーストをする形で登録すると便利です。登録をする初回時は時間が多少掛かるため、案件の検索と応募だけでも大変ですが、次回以降は新規案件のみチェックするだけでよいので、後のことを考えれば、最初にしっかり準備することを心がけるのが無難です。

    仕事を変えた際には、高確率で前職での出来事は美化されます。

  • 転職後は、高い確率でそれまでの仕事でのほとんどは美化された記憶となります。実際には今の仕事が不満を覚えるから、前向きな思いでどうにか新たな仕事に就いたのに、時の流れとともに「前職のほうが良かった」と感じ始めるのです。というのも自然なことで、以前の職では仕事に慣れ切っていて事もなく与えられた仕事が淡々とこなせていたのが、もっとも理由にあると思います。でも、「転職しなけりゃよかった」と思うほど、前職の方が仕事に対してのやりがいや環境がいいケースも考えられます。

    退職|転職のため仕事探しをする際に特に注意したほうがよい募集内容は…

  • 就職するため職探しをする際に注意して欲しい求人情報は、そこまできつそうな仕事ではないのに給料がよく、拘束される時間が長めというものです。こういった募集の場合、給料に『みなし残業代』を含んで算出していることがとても多いです。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ例えばですが、30時間や45時間といった感じで求人の内容に時間が併記されているものです。毎月これくらいの残業が想定されるため、はじめから給料に残業代を組み込んでおく、といったシステムです。もしも『みなし残業代35時間込』と書いてあれば「書かれた時間分の残業代を含めると、これだけの給料になります」という意味になります。しかし、悪質なブラック系の求人ではこの『みなし』を記載していない場合もありますので充分に注意を払っておきましょう。

    退職|活躍の場を広げたいと、転職サイトを利用して自らの希望条件に合・・

  • あなたが今現在、「転職サイト」を利用して自らのライフスタイルに合ったストレスを感じずに働ける仕事情報を調べているのなら、「転職エージェント」は必ず利用しておきましょう。どうしてかというと、必要情報を入力し、エージェントサービスの登録手続きを終え、そのサービス内で紹介してもらえる仕事は、誰しもが見られる公開求人とは異なります。それは、どう比べても、比べ物にならないレベルでたいへん質が高いといえます。そのうえ、あなたの条件にふさわしいものを調査した上で紹介してくれます。ですから、かなり高い精度で理想に近い求めていた理想に近い業種の求人を教えてもらえる可能性があります。仮に、同一の求人を見つけたとしても、自身の力で手当たり次第に探していくのと比較すると効率は良いです。そのうえ試してみる価値は大いにあります。