退職|近頃、株式・不動産投資をはじめとした不労所得のほかに…

今のご時世では、株・不動産投資などといった不労所得、また…

  • 今のご時世では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で生活資金を得たり、個人事業・起業といった生き方も増えています。必ずしも「会社員は安定がない」といった常識も過去のものとなりつつあります。高度経済成長期の際には将来的に不安定な株式投資・自営業よりも組織の一員であるほうが安定性にすぐれていました。そのため人生の正しい道として、またそれが至極当然のことのように、世の中に認識されていた。そんな時代は終わり、今のような時代では「成熟期」と言い表されています。将来的にはコンピューターの進化につれて、機械化や自動化が加速し、機会が仕事をこなしていく時代が到来すると言われています。

  • 退職|新卒採用で入った会社にさよならをして一歩踏み出して転職をしました。

  • 新卒採用で入社した会社に別れを告げ、転職すると決意しました。はじめは相当に悩んだように思います。でも、社会人となったあと数年経てから仕事を辞め、大半の人が中途採用で働いていることを自身の転職活動のなかで理解したことで、無意識のうちに気持ちは楽になりました。1度、転職をするとなにか肩の荷が下りたような感覚になり、自分の好きな仕事を再確認できて日々が明るくなりました。なかには「最低でも5年働いた方が良い」という転職を否定する意見もありますが、必ずしも正しいのかなと感じました。私自身、転職を決断して後悔はありません。

  • 退職|はじめて「失業保険」を受けるとき、じっとしていれば給付されると考えている人・・

  • 生まれて初めて失業保険の給付を受けるときに、「期間内は自動的に受け取れる」と考える人が非常に多いですが、それは間違いです。現実には、希望通りに仕事探しを行っている必要があり、毎月1回、ハローワークに通わなくてはいけません。1ヶ月間隔でハローワーク職員との面談を経て、本気で仕事を探していることを信じてもらえれば翌月の給付を受け取ることができるというシステムです。対称的に、「この人は就職活動を真面目にしていないぞ」と思われたり、毎月の職員との面談を欠席している場合は、アッサリと給付の一時停止となったり、ときには以降の給与資格をなくしかねないので、充分に注意しましょう。

  • 退職|ほんの2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず…

  • ついこの間、転職をやっとしたばかりなのに、すぐに辞めてしまうケースが結構多いといいます。何故そうかと思うとたぶんリフレッシュな気持ちで新しい会社を見つけたというのに、「自分の期待していたものとかなり違っていた」「職場の雰囲気に馴染めない」という理由で去っていくことが珍しくないといいます。でもこのような失敗を未然に防ぐためには、第一に、転職先の情報収集を欠かせません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内の環境、通勤時間、給与体系、など前もってチェックしておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。

  • 退職|今年中に転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそうな・・

  • 転職活動を始める際に次までの仕事にまだ期間がある方は可能ならば失業手当をもらうことをおススメします。失業手当はあなたが働いている会社側が社員に「雇用保険」を支払っていた場合は、必ずだれでももらえます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、働いている会社都合の退職、残業時間の内容次第ですぐに貰える可能性もあります。さらに支給される「失業手当」の金額は、最後に働いた月の給料をもとに失業手当の金額を算出されるため、現在の会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

  • 退職|新たな勤め先で今までに培われてきた能力を活用できれ…

  • 新しい職場で、過去の資格やキャリアを最大限に活用できれば、即戦力として活躍でき、即、仕事場にも馴染めるはずです。同時に会社側としても、大いに助かると言うものです。時期さえ良ければ、わけなく採用されるでしょう。しかも、これまでの仕事と似ている業務内容なら見込みはおおいにあります。そういっても、即戦力となる実力があったとしても大手企業の事務職、公務員(国家・地方ともに)の募集については、今も昔もかなりの競争率となるのは間違いないでしょう。

  • 転職活動をするのなら、「履歴書」「職務経歴書」かならず求められます。

  • 転職活動においては、履歴書と職務経歴書が重要になってきます。会社の多くは履歴書に加えて職務経歴に記載されていることを考慮した上で面接するかどうかを決めるため、まずはこの2枚はしっかりと作成しておきましょう。単に記入するだけでなく、記載内容の充実を図ることも必要です。「職務経歴書」では、過去に経験してきた職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を記載しましょう。また、過去だけでなく、現職で挙げた実績も良いアピールとなります。たとえば売上を従来比○パーセントアップ達成させた、など具体的に記します。初めてで難しい場合は転職エージェントを活用したり、良い文章を引き出してもらうなどしてみましょう。ブランディングのために転職エージェントを活用してみるのも有効な手段だといえます。

  • 退職|大規模な転職エージェントほど、多くの案件を持ってい・・

  • 大手の就職エージェントに限って、多種多様な案件を持っているといえますが、反面、転職希望登録者も大勢います。あなたが、応募したい会社を見つけても、そのエージェント担当者が可能性が低いと判断すれば応募してくれないこともかなりありますし、会社から見て自分よりも有能な人がいれば、そちらの人を優先することもあります。要するに大手エージェントはサイト未掲載の案件をデータ宝庫として扱っておりけっこう難しいので、方針を変更してもっと規模の小さなエージェントに対し、希望する会社や案件について相談し、応募できないか、と問い合わせておくと自分のために動いてくれることもあるので、そのような風に活用してみるのも良いかもしれません。

  • 『今すぐ転職したい!』と思っていて、その意志が強いのであれば、…

  • 『なるべく早く転職をしたい!』と思っている人でその意志が抑えられないくらい強いものであるなら、辞めたいという旨を即、上司に伝えておきましょう。しかし、このときに相談という形を取ると、言いくるめられるおそれがあるので要注意です。そして、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、退職を引き伸ばされてしまい、結果的に、退職するまでに半年くらい掛かりました。辞めたいということをはじめに直属の上司に話した時は年度末、数ヶ月働くことになり、退職出来たのはこの年の11月です。本音を言うと、ちょうど年度末を退職のタイミングにしようと考えていたのに、希望通りには進みませんでした。企業としても人事的な都合もあるとは思いますが、スタッフの意見を聞かずに、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでほとほと職場に対してガッカリしました。

  • 今、私は派遣会社に登録して仕事をしています。

  • 今、私は派遣会社に入っています。サイトを見ていてなにげなく自分に向いていそうな仕事を見つけ問い合わせをしてみると「そのお仕事はもうすでに他の方が採用されました」と言われてしまい瞬間的にサイトの中から仕事の情報がなくなってしまうのですが、その次の日になれば情報が閲覧可能になっています。これは結局は私だとダメっていうことですよね。そうであるならば最初からトラブルにならない程度に正直に教えてくれればありがたいのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。はたまた客寄せのための存在しない仕事を載せているのでしょうか?

  • 退職|今現在の自分の仕事や職場に関して、少なからず何かしらの不満があるはずです。

  • 現在の自身の職場や仕事内容に対して、何かしらの不満を感じることがあるはずです。「自分の能力(スキル)を正当に評価してくれない」あるいは、「賃金は増えず、将来的なレベルアップもまったく期待できない」といった不満を挙げる人がかなりいると思います。ですが、気持ちは理解できます。しかし、そういった不満を持っている人の中には自分自身の実力を過大評価してはいないか、改めて確認することが不可欠です。過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できるチャンスがこの企業や職種にはない」と中々転職先が決まらないおそれがあるので、要注意です。という事態を招く可能性があります。ですから転職活動を円滑に行うためにも、あなた自身のキャパシティを今一度、厳しく評価してみることから始めてみましょう。

  • 退職|この話は兄の友人から聞いた話です。

  • こういう転職というのは知人の話です。新卒採用としてどうしても働きたかった憧れのA社の入社試験で、最後の役員面接までいきながら採用されず、それから先別の会社に入りました。それから2年経たぐらいに派遣の求人のサイトでA社の紹介予定派遣の求人を見つけ、気持ちを抑えることができずその時の会社を即退職し、A社での派遣の就業を開始、必死のパッチで頑張ってのちに希望通りA社で正社員になれて、今となってはやりがいを持っていきいき仕事をしています。

  • 退職|「転職サイト」は、大手が運営しているもののほうが多数の案件が掲載されているた…

  • 転職サイトはよく知られたサイトの方が掲載案件も多いので、2~3社ほどともかく転職サイトに登録しておいて、希望する勤務地や年収についてチェックを入れて、次に条件に合う求人情報が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと情報収集が容易になります。しかし、最初は登録するのが本当に大変なので、登録前に履歴書と職務経歴書をしっかり準備し、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。登録をする第一回目は時間がやや掛かりますし、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、その後は新規案件のみ確認するだけでよいので、初めの準備に手を抜かないことをお勧めします。

  • 職を変えた場合には、だいたいの場合は前職でのたいていの記憶は美化されます。

  • 職を変えた場合には、高確率でそれまでの仕事は大方は美化された記憶となります。現在の待遇に向いていないと感じたから、それを解決するべくやっと転職を決めたはずなのに、気がつくと、どういうわけか新しい会社よりも「前の職場のほうが心地良かった」と感じ始めるのです。それというのも無理はなく、以前の職では仕事の勝手がわかっているのできちんとやるべき業務もこなせていたからというのがというのもあるでしょう。けれども「退職なんてしなけりゃよかった」と思うほど、前の仕事のほうが自分に合っていた可能性もあるはずです。

  • 転職するため仕事探しをする際に注意して欲しい求人の募集内容・・

  • 転職するため職探しをする際に注意が必要な求人情報は、そこまできつそうな仕事ではないのに給料が高めで、拘束時間が長めのものです。このような募集内容の場合、給料に『みなし残業代』を含んで算出しているケースがとても多いのです。みなし残業代というのは、別名『みなし』とも言われ、30時間・45時間というように(時間は例えです)求人の内容に時間が併記されているものです。毎月これくらいの残業が発生するため、あらかじめ給料形態に残業代を入れて計算しておくというシステムになります。(注意・合法です)仮に『みなし残業代45時間込』とあれば、「記載時間分の残業代も含めてこの給料がもらえます」という意味になるわけです。が、悪質な求人は、記載しておくべき『みなし』を表記していない可能性もあるので充分に注意を払っておきましょう。

  • 退職|可能性を広げたいと考え、転職サイトを活用して自らにぴった…

  • 可能性を広げたいと考え、転職サイトであなたの希望条件に合ったストレスを感じずに働ける仕事情報を調べているのなら、「転職エージェント」は必ず利用しておきましょう。なぜなら必要情報を入力し、エージェントサービスに登録したあと、そこで紹介される求人情報は、一般的に公開されていないからです。誰もが見ることのできる求人情報とは異なります。その答えは、どう比べても、比較対象にならないほどとても質が高いといえます。加えて、あなたの希望にふさわしいものを調査しつつ、紹介してくれます。そういうわけで、あなたの理想のあなたの希望する職種の求人をもらえたりします。もし仮に同じ求人に行きつくとしても、あなたが自分で手当たり次第に探していくよりもとても効率的です。そのうえたいへん使ってみる価値は大いにあるといえます。