退職|20代までに転職2回で、そして今、資格の勉強をしながら、…

退職|20代のうちに転職を2回ほど経験して、そして現在、資格の勉強をしながら、…

  • 20代前半に転職を2度経験して、そして今、資格取得の勉強をしながら、「派遣社員」を選択しました。常勤の勤務とは異なるため、手取りが以前よりも少なくなりました。しかしその分、心と時間に大きな余裕が出来ています。学生のときに資格を取得し、仕事すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。やはり、きちんと資格を活かしている人を見ると自分もああなりたかったと思ってしまいます。今まで私は、今の自分と他人をどうしても比べてしまい、ガッカリする毎日でしたが、結婚してから、生活環境も大きく変化し、その中で仕事や将来の夢も定まったので、楽しい毎日を過ごしています。

    再就職のときに行われる面接というのは、中小企業クラスの場・・

  • 再就職時の面接では、中小企業であれば、ほとんどが「人事」が面接官となりますが、それ以外の場合もあります。実際、今後仕事を一緒にしていく責任者、つまり部長・課長などの役職の人が面接をしてくれることもあります。とりわけ営業職や事務職に再就職する場合は資格などで人の良し悪しを判断しづらいですから、自信をもって自分という人物を売り込んでいくことが重要になります。面接担当者から「この男は、堂々と発言してるし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、覚えていてもらうことがとても大事です。

    転職活動を現職と同時に行っている人が多いです。

  • 転職活動を現在の仕事と並行している人は少なくありません。しかしながら、忙しく仕事を続けつつ求人情報を調べながら応募したり、面接を受けるのは精神面だけでなく肉体面も負担が大きいといえます。また、転職活動時は、現在の会社の同僚や上司に隠さなければいけません。応募するだけしてみよう、という人がいますが、もしも、そのまま書類選考が通り、面接が決定した後で辞退すると面倒な事になるかもしれません。エージェントを使っていた場合は、エージェントに悪い印象を与えてしまいますし、それとは異なり自分で直接、応募したとしても応募した会社からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。貴重な時間をムダにしかねないので、行くつもりがない企業は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は新卒の就活とは全く別物であると認識しておくべきです。

    転職先を決める際、仕事のやりがいのアップと一緒に収入アッ・・

  • 転職をするならば、もちろん仕事のやりがいのアップと一緒にさらに給料のアップも大切なポイントなので「年収比較サイト」というところに登録して前もって研究しています。一緒の会社でそして全く同じ職種、経歴であるのに人によって大きく幅があることも多く、ぶっちゃけ面接で質問をしたことがあります。面接をした人もそのサイトを見ていたみたいで「高い収入で書いているのは、書いた人間について誰だろうとある程度見通しがついているんですけどね、多分良いように見せようとしてるんですよ。低い方の収入で心づもりしといてください」とのことでした。

    退職|近頃、株・不動産投資をはじめとした不労所得で儲けたり…

  • 昨今では、株・不動産投資をはじめとした不労所得で生計を立てたり、個人事業主を目指す人も増えています。そのような移り変わりもあるせいか、「起業することは不安定だしキケン」といったこれまでの常識も変わってきています。高度経済成長期には不安の残る株式投資や、自営業で生きるよりも雇用されて働くほうが大いに安定性にすぐれ、人が生きていくうえで正しい進路として、またそれが決まり切ったことであるかのように一般の人々に認知されていた。そのような時代は過ぎ去り、現代は「成熟期」といった名称でいわれます。機械化、自動化が進んで仕事でも人がいらなくなっていく社会です。

    新卒で入社した会社を去り、思い切って転職しました。

  • 新卒で入った会社を辞め、思い切って転職すると決めました。実際に転職する前後は、しばらくの間悩みました。ですが、新卒採用で入社した会社を退職し、沢山の人が転職を経験していることを私自身が転職したことで学び、無意識のうちに気持ちは楽になりました。なにより1回転職したことで徐々に肩の荷が下りる気持ちを実感し、「自分のやりたいこと」を優先できて楽しいものになりました。やはり「仕事を途中で投げ出すようなことではダメだ」というような考えの方も、もちろんいますが、必ずしも正しいとは限らないと感じました。私は転職を経験して良かったと思います。

    生涯初の失業保険を受けるときに、「何もしなくても自動的にもらい続けられる」と考える・・

  • 生まれて初めて失業保険の給付を受ける際に、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている人が極めて多いですが、それは誤りです。本当は、失業保険を希望通りに受け取り続けるためには、仕事を探していることが必要で、その上、毎月一回はハローワークに通う必要がある。1ヶ月スパンでハローワーク職員と面談をして、きちんと仕事を探していることを理解してもらえれば次の月の給付が行われるという仕組みです。対称的に、真面目に就職活動に取り組んでいないとみなされたり、毎月の職員との面談に顔を出さないときは、情け無用で給付の一時停止の措置を取られたり、ときにはそれ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、そうならないために充分に気をつけてください。

    退職|3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず・・

  • 3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、早期に退職を決断する人がとても多いといいます。何故そうなるのかと考えてみるとたぶん気持ちも新たに、転職先の仕事で勤務を始めてみたものの、「自分自身の想像していた職場環境と堪えられほど違っていた」「こんなはずが・・・」ということで退職を決意するのじゃあないかと思います。可能ならこのような、転職における失敗を繰り返さないためには、はやり前もっての情報収集を徹底する、に尽きます。手を抜くことなく行うべきなのです。具体的な業務内容、通勤にかかる時間、など多角的に前もって調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

    退職|転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのなら、…

  • 今年中に転職活動をしていく人で、次の仕事をはじめるまでに期間がある場合は、必ず「失業手当」をもらっておいた方がお得です。勤めている会社側がしっかり「雇用保険」を払っているのなら、誰でも失業手当を受け取ることができます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。しかし自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、状況によっては企業の都合の退職、残業時間の内容次第でただちに貰える可能性もあります。もらえる「失業手当」の金額は、最後となる月の直近の給料をもとに失業手当の金額を計算するので働いている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、なるべく「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

    退職|新しい職場で、過去の資格やキャリアを活かせられれば…

  • 新しく就いた勤め先でこれまでのスキル・キャリア生かすことができたら即戦力として評価されて、じきに仕事場にも馴染めるようになるでしょう。いい人を求人している会社サイドも、スキルを持つ人材は常に欲しがるので、時期さえあえば、そこまで難しいものではありません。しかも、過去の業務内容と近い業務内容なら転職は非常に容易になります。ですが、即戦力となる基準があなたにあっても大手の事務系の仕事や、公務員系(国家・地方ともに)は時代や景気に左右されることなく相当な競争率になることを覚悟しておいたほうが良いです。

    転職活動を行う際には、「履歴書」「職務経歴書」を用意しなくてはいけません。

  • 転職活動の際には履歴書と職務経歴書が重要になってきます。大半の企業は、履歴書と職務経歴書に記載されている内容を見て面接するかどうかを決めるため、とにかくこの2点をしっかり作成しておきましょう。ただ文字を書くだけでなく、記載内容の充実を図ることも必要です。職務経歴書には、自分の職務の詳細な内容、できる限り自分のできること記載しましょう。また、過去以外に、現職で挙げた実績でアピールをするのも忘れずに。たとえば売上〇%UPした等、わかりやすく書くのが得策です。難しいと思う場合は、「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、文章をチェックしてもらったりしてブランディングのために利用することもよい転職をするための有効な方法です。

    大手の「就職エージェント」ほど、多くの案件があるというメリットがありますが・・

  • 大きな転職エージェントに限って、たくさんの案件があるというメリットがあるといえますが、同時に転職を希望する競合者もたくさんいる可能性が高いです。そのせいか応募希望の会社があっても、担当スタッフのほうで無理だと判断すれば応募してもらえないこともよくありますし、企業から見て自分よりも有能だと評価される人がいると、そのライバルを優先することもあります。つまり大手エージェントの場合、サイト未掲載の案件データを宝庫として扱っており大変難しいので、もっと規模の小さなエージェントに対し、希望する会社や案件に関して相談し、応募できないか、と尋ねておくと転職希望者の利益を考えて仕事してくれることもあるので、そのような活用も良いかもしれません。

    『なるべく早く転職をしたい!』という願望があって、自分の意志が抑えられないくらい強いものであるな…

  • 『今すぐ転職をしたい!』と思っていて、自分の意志が本当に強いものであるなら、退職したいという旨を速やかに自分の上司に伝えましょう。なぜかというと、ここでは曖昧な表現をすると状況によって言いくるめられる可能性が高いので要注意です。そして、実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、話がこじれて結局、およそ半年、予定が伸びてしまいました。辞職したいことを最初、直属の上司に相談したのが年度末で、いろいろあって数ヶ月働いて退職を受け入れられたのは同年11月です。本音を言うと、年度末いっぱいで辞めたかったのに、思ったとおりにはいきませんでした。会社も、人事的な都合があるのかもしれませんが、社員の意見を聞かないまま、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでその会社に対しての職場に対して困ってしまいました。

    退職|派遣会社に登録して仕事をしています。

  • このところ私は派遣の会社に登録をしています。ウェブサイトを見ていてふと興味を引かれる仕事を見つけ出し確認したところ「そのお仕事はもうすでに他の人に決まりました」とお断りされて一時的にサイトからも仕事情報がなくなるのですが、なぜか翌日に閲覧すれば情報が閲覧可能になっています。これは結局私だとダメだって意味ですよね。それなら初めから変に隠さない程度ではっきりと言ってくれれば助かるのですが、なかなかそういうわけにいかないでしょうか。あるいはまた存在しない仕事を掲載しているのでしょうか?

    退職|現在のあなたの職場・業務内容について不服に思っていることの中…

  • 今現在の職場や仕事内容に対して、何かしらの不満に思うことがあるはずです。「自分の持っているスキルや能力を真摯に評価してもらえない」そのため、「月給は上がらず、出世の見込みもない」といった不満を挙げる人がかなりいると思います。しかしながら、その手の不満を持っている人の一部には、自身の本当の能力を「過大評価」しているケースが多いものです。自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できるチャンスがこの求人にはない」と中々就職先が見つからないおそれがあります。可能性があるので、注意しなくてはいけません。転職活動で成果をだすためには、「本来の自分のスキルや能力」を多少厳しい目で自己分析してみてください。

    退職|これは知人から聞いた話です。学生時の就職活動で絶対に入りたか…

  • 知り合いからの話です。新卒時に絶対に入りたかった目標であるA社の最終面接で不採用になり、その後泣く泣く違う会社に就労しました。その後1年経過したぐらいに派遣の求人サイトをチェックする中で偶然にもA社の紹介予定派遣の求人を見つけることができ、どうにかしたくなって当時働いていた会社を直ちに辞めて、A社に入って、派遣の業務を始めて、思い切った行動ですね。死に物狂いで頑張ってそれから後無事にA社で正社員として採用されて、現在は仕事のやりがいを持ちつついきいき仕事しています。