退職|20代前半に転職を2度経験して、そして今、複数の資格をとるために…

20代前半で転職を2回した為、そして現在、資格を取るべ・・

  • 私は20代で転職を2度行い、そして今、資格の勉強をしながら、「派遣社員」を選択しています。常勤の勤務を選択しなかったので手取りが少なくなってしまいました。ですが、心と時間に余裕ができました。たまに、学生の頃に資格を取り、就職できれば良かったのに、とは思います。実際に、そういった人を見る度、うらやましいなと思います。昔は、自分と他人をどうしても比べてしまい、ガッカリすることが多かったのですが、しかし今は、結婚をキッカケに過去と比べ生活環境が大きく変わり、明確にやりたいことを見つけたので自分の人生に満足できるようになりました。

    転職時の採用面接では、規模の小さい企業クラスの場合おおよそは、その社内の「人事」担当が面接官です…

  • 転職のときに行われる面接というのは、中小企業クラスの場合、おおよそ「人事」が面接官となりますが、別の場合もあるようです。例を挙げるなら、今後仕事をすることになる担当者、わかりやすく言うと課長・部長などの中間管理職が面接を担当することも珍しいことではありません。とくに事務系や営業系などの部署に転職する場合は、資格だけでは人の判断をするのが難しいですから、自信をもって自分をアピールしていくことが必要であり大事なことです。面接官の誰からも「この男は、堂々と自己アピールしてるし、頼りになりそうだ」と思わせ、記憶に残すことがとても大事です。

    退職|転職活動と現職の同時進行を行っている人が多いです。

  • 転職活動を現職と並行する人は少なくありません。しかしながら、忙しく仕事をしつつ求人の応募に走ったり、面接に臨むのは精神的にも肉体的にも大変だといえます。転職活動を行っている間は、今の職場の同僚や上司にバレないように振る舞う必要があります。深く考えずに応募する、という人がいますが、仮に、書類選考を通過し、面接前にキャンセルすると今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントにサポートしてもらっていた場合は、エージェントに対して印象が悪くなりますし、それとは異なり自分で直接、応募したとしても応募した会社から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。いずれにしても貴重な時間をムダにしかねないので、行くつもりのない会社は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は、新卒の就活とは全く違う、と理解しておきましょう。

    転職先を決めるとき、むろんやりがいを考慮することも重要だけど…

  • 転職をするならば、言うまでもなく仕事におけるやりがいアップも大事だけど給料が増えることも大事なポイントですから「年収サイト」に登録をして事前に調べています。全く一緒の会社でその上一緒の職種、経歴なのに人によってすごく幅がある場合も複数あって、ぶっちゃけて言えば面接の時質問したことがあります。面接官もそのサイトをよく見ていたみたいで「その高い年収で書いてるのは、書いた方も誰だかある程度は予想できるのですが、おそらく格好をつけてるんですよ。低い方の収入で心づもりしといてください」とのことでした。

    現在は、株式・不動産投資などといった不労所得で収入を得たり…

  • 今では、株式・不動産投資などの不労所得、あるいは起業といった生き方も増えています。そういったような変化に伴い、「起業することは怖い」といった従来の常識も変わりつつあるようです。高度経済成長の頃の際には、不安の残る株式投資や自営業者よりも組織の一員であるほうが堅実でした。そのため人生の正しい道として、またそれが決まり切ったことであるかのように一般の人々に認識されていました。しかし、そういった時代は終わり、今のような時代は「成熟期」とも表現します。将来は、コンピューターの進化とともに、機械化・自動化がより進み、仕事においても人が不要な社会になる、といいます。

    新卒採用で入った会社に別れを告げて、一歩踏み出して転職をしました。

  • 新卒で入った会社を辞め、転職に踏み切りました。退職した後は相当にちゃんと転職できるか不安でした。しかし、社会に出て数年経てば転職をして中途採用で働いている人ばかりであることを自らの転職活動で気づき、いつの間にか悩みが消えて、気持ちが楽になりました。なにより1度、転職したことでなんというか、肩の荷が下りたような感じがして、「本当に自分のしたいこと」を探すのが毎日が充実したものになりました。なかには「辞めずに続けることが普通」という転職に否定的な意見もありますが、それが全て正しいとは思いません。私の転職活動は転職をやって良かったと思っています。

    生涯初の失業保険を受ける場合、「自動的にもらえる社会保障」と考えている人・・

  • 生涯初の失業保険の給付を受ける場合、給付されるのを待っているだけでいいと考えている人が極めて多いですが、それは正しくありません。実は、失業保険の給付を希望通りに受け続けるためには、求職活動を行わなければならず、それに加えて、毎月1回、ハローワークに通わなくてはいけません。1ヶ月周期で担当者に就職活動の状況をきちんと説明して真剣に仕事を探していると判断されれば翌月も保険を受けられる仕組みとなっています。対称的に、「この人は就職活動を本気で取り組んでいない」と見なされたり、月に一度のスタッフとの面談に参加しないときは、情け無用で給付が一時停止となったり、それ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、そうならないために十分注意しましょう。

    ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりだというの…

  • 数ヶ月ほどまえに、転職したばかりであるにもかかわらず、数ヶ月しかたっていないのに辞めてしまうケースが思いの外多かったりします。それは私の思うところはリフレッシュな気持ちで素晴らしい会社を手に入れたものの、「自分の期待していたものとかけ離れていた」「会社独自のルールになじめない」といった感じで退職を決意することが珍しくないといいます。可能ならこういった転職における失敗をしないためには、はやり前もっての情報収集をまじめにやっておかなくてはなりません。業務におけるルール、昇給システム、などいろいろ調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

    年内中に転職される人で次の仕事を始めるまでにまだ期間がある場合・・

  • 今年中に転職予定がある人で、次の仕事をはじめるまでに期間がある場合は、必ず「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。これは現在の会社側で雇用保険を払っているところであれば、手続きをすれば誰でも失業手当を受け取ることができます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。しかし自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、会社都合での退職や、残業時間によっては、ただちに受け取れる可能性もあります。さらに支給される失業手当の金額は仕事を辞めた月の近々の給料を基準に計算するので会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

    新たな職場で今までに培ってきた実力を存分に発揮できれば、…

  • 新たな勤め先でこれまでに身に付けた能力を発揮できれば、即戦力として周囲から評価されて、早々に仕事場にも馴染めるはずです。同時に雇い主側も即戦力となる人材は常に欲しがるので、タイミングさえうまくいけば、難なく採用されるでしょう。更にかつての仕事内容と似ている仕事なら見込みは十分にあります。とは言っても、即戦力になる自信があなたにあったとしても、一流企業の事務仕事や、公務員の募集などは、時代・景気に関係なく中々の競争率を勝ち抜かないと就職自体が難しいので注意です。

    転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書を準備することが必須だとされています。

  • 転職活動では、履歴書と職務経歴書が必要不可欠になってきます。企業のほぼすべては履歴書に加えて職務経歴に記載されている内容を元に面接するかどうかを決めるため、なによりもこの2枚の書類が大事なポイントです。ただ記入することにとどまらず、内容の魅力化を図ることも大切です。「職務経歴書」では、これまでの職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を書きます。さらに、過去だけでなく現職で挙げた実績なども有効です。例をあげれば売上を過去○年の平均を△パーセントアップさせた、などわかりやすく書くのが望ましいです。難しいと思う場合は、転職エージェントに職務経歴書のチェックをさせたり、よりよい内容にしてみましょう。ブランディングのためにうまく活用することもよい転職をするための有効な手段だといえます。

    退職|大手転職エージェントは豊富な案件があるという魅力がありますが・・

  • 大手転職エージェントに限って、多種多様な案件を抱えているという強みがありますが、同時に転職を希望する競合者も大勢いる可能性が高いです。そのため気になる企業を探し出したとしても、担当スタッフが無理だと判断すれば応募してくれない場合もありますし、会社から見て自分よりも有能な人がいれば、そのライバルを優先しやすいのです。つまり大規模な転職エージェントの運営元は、サイト未掲載の案件データを宝庫として扱い意外と駄目で、策略を変えて中小規模のエージェントに対し、応募したい会社や案件について相談し、応募できないものでしょうか?と尋ねてみると自分の利益を考えて仕事してくれることもあるので、試してみるのも良いと思います。

    退職|『転職をしたい!』と思っている人でその意志が抑えられないくらい強いものであるなら…

  • 『転職をしたい』とおもっている方、未来の進む道もハッキリしているのなら、速やかに自分の上司にその旨を伝えましょう。そのときに曖昧な表現をしてしまうと、上司に言いくるめられる可能性が非常に高いので気をつけましょう。実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、スンナリと受理されずに結果的に、退職するまでに半年くらい掛かりました。辞めたいということをはじめて直属の上司へと相談したのが年度末で、結果的にはなぜか退職届けを出せたのは同年の11月です。本当は、ちょうど年度末いっぱいで辞めたかったのに、色々と理由をつけられ、予定が狂ってしまいました。やはり企業サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、スタッフの要望を聞かないまま、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたので非常に会社や上司に対して困ってしまいました。

    派遣で働いています。サイトでなんとなく条件のよい仕事を…

  • 今、私は派遣会社に登録して働いています。ウェブサイト内でふと条件のよい仕事を発見し応募したい旨を伝えたところ「その仕事はもう別の人でお話が進んでいます」と断られてしまい一瞬サイト内からも仕事の情報を閲覧できなくなるのですが、その次の日になればもう一度情報が掲載されています。それって結局私だとダメと言いたいのですね。それなら最初から変に隠さないようにはっきりと教えてくれるといいのですが、なかなかそうもいかないのでしょうか。あるいはまたひょっとして存在しない架空の仕事なのでしょうか?

    退職|現在の自分の職場や業務の中身について少なからず何かしらの不満があるはずです。

  • 今現在のあなたの勤め先や業務内容について不満の中に、「自分の持っているスキルや、仕事上での能力を正しく評価されていない」そして、「報酬は増えないし、将来レベルアップする見込みもない」といった不満が割合的に多くを占めています。でも、気持ちは理解できます。しかし、その手の悩みを持っている人の一部には、自分のスキル・能力を実際よりも「過大評価」してないか、再確認する必要があります。万が一、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分を生かせる企業や職種がない」と休職期間が伸びるおそれがあるので、要注意です。可能性があるので、注意しなくてはいけません。転職で良い結果を出すためにも、自分のキャパシティを知る事が大切です。

    退職|このような話は兄の友達から聞いた話です。

  • この話は兄の知人の話です。始めに新卒時にどうしても就職したかった憧れていたA社の入社試験で、最後の役員面接までいきながら内定を得ることができず、ですから嫌々ながら違う会社に就職しました。約1年半後派遣の求人サイトを閲覧していて偶然A社の紹介予定派遣の求人を見つけることができ、いてもたってもいられなくなってその時の会社をすぐさま辞めて、A社での派遣の就業を開始、思い切った行動ですね。一生懸命頑張ってその先問題なくA社で正社員登用されて、今となっては仕事に生きがいを感じながら楽しく仕事しています。