退職・転職のコラム記事

日本には昔から”石の上にも3年”という諺もありますが…

”石の上にも3年”という諺もありますが、「終身雇用制度」は死語になりつつあります。転職というのはとても身近なものになってきました。そうではあるものの、転職と言っても誰でも彼でも、何時でも、何処でも、というような安易に職を変えようとするのはキケンです。転職したいなら、重要なのはタイミングを見計らうことです。
退職・転職のコラム記事

退職|転職しようとしても何もかもが順調にいくとは限りませ・・

転職をしようと考えていても万事首尾よくいく確証はありません。可能であれば、支障がないなら若いうちに変えてしまった方が良いです。平均的に見た場合、30代前半までは有利に働きますが、残念なことに、30代後半~40代に入ると転職はかなり厳しいものと理解しておくべきです。
退職・転職のコラム記事

これから転職活動をされるなら、良いと思う求人(業種・・

将来的に転職活動をするという時は、気になる求人(あるいは職種)を見つけたときに100%「〇〇業、ブラック、デメリット」でネット検索でチェックしておきましょう。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントの情報では、その業界に関するマイナス面などはアドバイスはないものと思っていてください。
退職・転職のコラム記事

再就職することで職場を一新するということは、自分自身に適合す・・

再就職して勤め先を新しく替えるということは、自分に合う再就職先を見つけ出したほうが好ましいということです。仕事を変えれば、自分でも驚くほどの適職に出会う可能性もあります。しかし、メリットだけがあるわけでななく、転職先にふさわしいスキルが必要です。言い換えると、自身が価値ある人材になれれば、「天職」にありつくチャンスも高くなる、ということ。
退職・転職のコラム記事

退職|転職時の面接の際に人事担当から「転職理由は?」と訊かれるのは確実です。

転職のための面接では注意しておくべきポイントがあります。担当者から「転職理由は?」という風に、100%の確率で聞かれます。こういった場合、いかなる事情があったにせよ、以前の職場の働く環境や人間関係に関しての愚痴を絡めた返事などは、極力控えることをお勧めします。
退職・転職のコラム記事

退職|転職サイトはメジャーなサイトの方が掲載される企業の数も多くなるため・・

「転職サイト」は、大手が運営しているもののほうが掲載数も豊富なので、気に入った2,3の会社を、とりあえずサイトに登録し、勤務地・年収などにチェックマークを入れて、さらに条件に適合する求人情報が出てきたら自動的にメールが送られるように設定しておくと楽に転職情報を集めることができます。
退職・転職のコラム記事

退職|20代までに転職2回で、そして今、資格の勉強をしながら、…

20代前半に転職を2度経験して、いまは資格取得のため、「派遣社員」として働いています。常勤の勤務でないため、やはり給料は以前よりも少ないです。ですがその分、以前より心と時間に余裕ができました。学生時にもっと資格を取得し、仕事に活かしたかったという思いもあります。
退職・転職のコラム記事

転職のための活動は希望する企業相手というよりもある意味、「担当面接官」・・

転職は、最初の第一歩は企業とのやりとりよりもどちらかというと「担当面接官」との勝負と言ったほうが正しい気がします。面接官に良い印象を与えるために、第一歩として肩の力を抜いて焦らず、平常心でいるように心がけましょう。お見合いするかのような姿勢でいる向かうと問題はありません。
退職・転職のコラム記事

求人を見るとき、例えば、「デスクワークがしたい」と思っている人・・

求人サイトをチェックする折、事務系の仕事がしたいからと、製造業に目を通さない人がいます。そんなことをする人は「製造業での募集は、現場の製造マンだけ募集している」と勘違いしているケースもあります。実際に、製造業での求人募集でも、現場に出る仕事だけでなく経理、総務、人事といったスタッフ募集に加え、資材・購買や営業管理等の事務系の職も結構多くあります。
退職・転職のコラム記事

退職|現代では、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件についての取り締まりが強化されたり・・

近時は、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり、労働条件に対する取り締まりが強化されたり、会社名が公表されたりと不利益を被るシステムができてきましたが、まだまだパーフェクトではありません。ですが、実際に入社するまえの面接時に「ブラック企業」かどうかを見破る方法があるので、まずは理解しておきましょう。