退職・転職のコラム記事

退職|近頃、株・不動産投資の不労所得や個人事業・起業といった生き方も増えています。

昨今では、株や不動産投資等の不労所得、あるいは独立や起業で頑張っている人も増えています。そういった移り変わりに伴い、「会社員以外は不安定であぶない」といった従来の見解も変わってきています。高度経済成長を遂げていた頃に関しては、将来的に不安定な個人事業という生き方よりも組織の一員であるほうが手堅いとされ、人生の「花形」として一般の人々に認知されてはいました。
退職・転職のコラム記事

社会的な転職事情ですが、安倍総理が主導する現政権によって、…

転職を取り囲む状況は、政治によって左右されつつあります。今の安倍政権では、アベノミクス「三本の矢」といった形で経済政策が複数、展開されています。金融政策とも、たがいに作用しあって財界・民間企業間でも今までとは異なった社会的な変化が出つつあります。それもあって一般の企業では労働人口減による「働き手が足りないこと」がかなり深刻化しています。
退職・転職のコラム記事

退職|転職のための採用面接に希望先の会社へ赴きました。

転職したい会社の採用面接に転職希望の会社へ伺いました。偶然その会社で会議室が空いていないということで会社の外で人事部の方と待ち合わせて面接を行い、その場所で解散をして、面接担当者もそのまま自宅に直帰されるとのことだったのですが、なんと自宅最寄駅が一緒。そのため電車内においても面接を行った人とずっと話しながら帰宅することになり、おかけで緊張が解けて面接の時よりも込み入った話ができて、それが原因かなんと採用を勝ち取りました。
退職・転職のコラム記事

もし、現職からの転業の意思を固めたのなら、徹底的に周囲・・

仮にあなたが、とらばーゆを意思を固めたなら、一緒に働く人にはこっそりとそれを告げずにうまく転職活動していき、転身先が決まっていない間は、可能ならば周りの人に気づかれないようにいつもどおり業務をこなすのがもっとも合理的です。現職中、その状態でいれば、もし仮にいい働き先がすんなり見つからなくても、転身時期を遅らせながら、今の職をそのまま継続しても簡単にできます。
退職・転職のコラム記事

退職|転職するときは、あれこれ情報収集されるとは思いますが、…

転職する場合、色々情報収集されるとは思いますが、転職系「口コミサイト」は必ず利用しておくべきです。一時期、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたということで、運営サイト側に損害賠償請求を起こした事例もありました。辞めさせられた社員の報復によってそういった口コミが投稿されたという見方が一般的ですが、別の見方をすると、ウソの書き込みだったなら、会社側が気にする必要すら無いともいえますよね。
退職・転職のコラム記事

退職|将来に目を向け、期待をもって転職活動と向き合うこと・・

楽しい気持ちを持ちながら再就職をすることができれば、メンタルを脅かされることがないので、転職期間中の堕落も避けられるはずです。おまけにメンタル面が元気なままでいれば、あまり時間をかけることなく転職先も見つかるはずです。一番の理想は、スムーズな隙間のない時間で新しい勤め先を見付けることが重要です。
退職・転職のコラム記事

年内中に転職活動を始める際、次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのなら…

今年中に転職活動をしていく人で、次の仕事をする前に期間があるのなら、できれば「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。失業手当は働いている所属する会社がもし雇用保険を払っているところであれば、手続きをすれば必ず誰でも失業手当を手にできます。受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。
退職・転職のコラム記事

転職活動にあたって然るべき準備をしておく必要があります。

転職活動では、準備はしなければなりません。とくに、目に見える服装は気になりますよね。でも、現在の面接では、私服を許可している企業もあるので、ビジネススーツで臨まなくても良い場合があります。とくに会社の創立してすぐの会社などは、柔軟性に富んだところが多く、私服で面接の場に行ったほうが、良いイメージを持ってもらえます。
退職・転職のコラム記事

退職|就職活動において、年収は極めて重要なポイントです。

就職活動において、年収はかなり大切な要素です。面接では、大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。ここで実際の年収より多く言って、多額の年収を獲得しようと試みても、無駄でしょう。なぜなら、最終的には源泉徴収を提出することになるので、一度は信じさせたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、最終的には虚偽の申告をしたことがバレていまいます。
退職・転職のコラム記事

退職|励んでいる転職活動中に、「私はこれまでずっとこういう価値のある・・

今やっている転職活動中に、「今までずっとこういった職場の仕事をしてきました」「これまでにこのようなスキルを身につけました」と自分自身の実績をしっかりアピールする人はしばしば目にします。が、転職先となる1から始める環境下で「将来、このようなことをしてみたい」「こういった内容ならできれば参加したい」と将来のプランを話してアピールする方が効果的である場合は、意外と多いものなのです。