退職・転職のコラム記事

退職・転職のコラム記事

転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に担当者から「転職理由は?・・

転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。人事から「転職理由を聞かせて頂けますか?」という風に、必ず聞かれますが、その際、いくら正しい意見だと思っても、以前の職場の労働環境や人づきあいについての不満に受け止められる答えは、絶対に避けましょう。
退職・転職のコラム記事

転職サイトは有名なサイトであるほど掲載される会社の数も多くなるた…

転職サイトは知名度の高いサイトであるほど多くの案件が掲載されているため、入社したい2,3の会社を、とりあえずは転職サイトに登録した上で、年収などの条件にあらかじめを入れておき、さらに条件に合った求人情報が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと容易に転職情報を集めることができます。
退職・転職のコラム記事

20代で転職を2回した為、そして今、資格の勉強をしながら、…

20代前半の時点で転職を2回し、現在、資格を手に入れたいので「派遣社員」として働いています。常勤の勤務でないため、どうしても給料が以前よりも少なくなりました。ですがその分、前よりも心と時間に大きな余裕が出来ています。学生時代にもっと資格を取得し、就職できたらムダがなかったのにな、とは思います。
退職・転職のコラム記事

退職|転職は、最初の第一歩は企業とのやりとりというより正確には「担当面接官」・・

転職のための活動は希望する企業相手というよりもどちらかというと「担当面接官」とのやり取りが重要です。しっかりと採用してもらうために、先ずはあまり意識せずに冷静に、焦る気持ちににならないように、例えればお見合いをする心構えで望むと良いと思います。また面接に進むと第一歩としてあなた自身の「人間性」をチェックしてもらうので悪い印象を与える行動は注意し控えましょう。
退職・転職のコラム記事

退職|求人に関する情報を見る際、「オフィス系の仕事をしたい」と考えている人ほ…

求人に係る情報をチェックする折、「オフィス系の仕事をしたい」と思っている人ほど製造業をスルーしてしまっていますが、そういったことをしている人のほとんどは「製造業って、現場で製造する仕事しか募集しない」と誤解しているはずです。実際に、製造業での求人募集でも、現場作業者だけでなく、経理、総務などの人材募集から、購買や営業管理等のオフィス系の部門もかなりの数あります。
退職・転職のコラム記事

退職|現在、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようにな…

今日では、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり、労働条件による取り締まりが強化されたり、会社名が公開されたりと厳罰を与える傾向にありますが、パーフェクトとは言い難いのが現状です。そこで、面接で見破る必要が生じます。まずは求人票などに記載されている労働条件を見ておき、それらの項目ひとつひとつについて質問をぶつけてみることです。
退職・転職のコラム記事

退職|比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって…

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、契約期間を迎えたら自分の好きなタイミングで退職できるものではないと転職活動を通じて理解しました。私は結婚し、生活が落ちついたら、早く子供が欲しかったので、それまでの期間のためにだいたい1年半~2年くらい今の継続で仕事したいと思ったので、就職することにしました。
退職・転職のコラム記事

退職|派遣で働いています。労働契約法のせいで長く務めてき・・

派遣社員として働いています。派遣法とかの関係で否応なく、長い期間働いた派遣先での仕事を辞めることになります。同じく派遣で働いている人の中には派遣先の会社から正社員の地位をつかみ取った人もいるのですがその理由としては正直に言うと仕事の腕とは関係なく派遣先の上司へのあしらい方がうまくてそれが採用の決め手となった模様。
退職・転職のコラム記事

退職|今の時代は株・不動産投資の不労所得や個人経営 といった生き方も社会的に人気を集めています。

近年では、株や不動産投資等の不労所得、または個人経営 ・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。そういった社会的変化に伴い、「会社員以外は不安定だしキケン」といった従来の考えも変わりつつあるようです。高度経済成長を遂げていた頃に関しては、どうなるかわからない株式投資や、自営業で生きるよりも組織の一員のほうが安定性にすぐれ、人生の花形として、またそれが至極当然のことのように、一般の人々に広まっていました。
退職・転職のコラム記事

最近の転職における状況ですが、政治による変化が出始めています。

昨今の転職事情は、政治による影響が出つつあります。現在の安倍政権下ではアベノミクスや「三本の矢」などの新たな経済政策を次々に打ち出し、経済政策に連れ立って日銀主導の金融政策とも相まって、財界・企業ともに次の世代の社会的な変化が増加傾向にあります。そのこともあり一般の企業では今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人員不足」がクローズアップされています。