退職・転職のコラム記事

退職・転職のコラム記事

退職|転職することで仕事先を一新するということは、自分自身に適合…

転職して勤め先を一新するということは、自身に見合った理想に近い場所を探したいものです。あなたにぴったりの仕事にありつくことができるかもしれません。けれども、マイナスの面も持ち合わせていて、雇用側が必要とする能力を持っていないと、良い職は得にくいはずです。逆説的に表現すると、あなたの技量次第で「天職」に近い転職に巡り会えるチャンスも高くなる、ということ。
退職・転職のコラム記事

転職時の面接で面接担当者から「転職理由は?」といった形…

転職する場合は面接を受けることがほとんどです。面接担当者から「転職理由は?」とほぼ訊かれます。この時に、どれだけあなたが正しくとも、「人づきあい」「働く環境」についての不満に受け止められる受け答えは、できる限り話すのはやめておきましょう。なぜなら、此の様な内容の話は、採用条件としてマイナスに傾き、チャンスをダメにしてしまいます。
退職・転職のコラム記事

「転職サイト」は、大手が運営しているものほど豊富な量の転職情報が掲載されているた・・

「転職サイト」は、大手企業が運営しているもののほうが、掲載される数も多くなるので、感じがよさそうな2~3社を、ともかくサイトに登録した上で、勤務地などにチェックマークをいれておき、さらに条件に合った案件が自動的に通知されるように設定しておくと簡単に情報収集を行うことができるようになります。
退職・転職のコラム記事

20代前半に転職を2回経験し、そして現在、資格を取るべ・・

20代前半に転職を2度経験して、今現在は資格を手に入れたいので派遣社員として企業に採用されました。フルタイム勤務でないため、毎月の収入が少なくなってしまいました。しかしその分、以前より心と時間に大きな余裕が生まれました。もっと学生のときに資格を取得し、仕事を続けるという方は本当に稀です。
退職・転職のコラム記事

転職活動で大事なことは企業そのものというより、具体的には「担当面接官」…

転職活動では、希望する企業相手というよりも人事や採用担当の面接係員とのやり取りが重要といってもいいでしょう。採用担当の面接官に良い印象を与えるために、第一歩としてあまり意識せずに冷静に、焦る気持ちににならないように、例えればお見合いをする心構えで向かうと良いかもしれません。
退職・転職のコラム記事

求人情報をチェックする時、「オフィス系の仕事をしたい」という人は・・

求人誌をチェックする際、「デスクワークがしたい」という人は、製造業をあまりチェックしていません。そういったことをしている人のほとんどは「製造業は製造マンの求人だけだ」と勘違いしている可能性が高いです。現に、製造業での求人であったとしても、経理、総務などのスタッフ募集をはじめ、資材、購買、営業管理といった「事務系」に分類される仕事がたくさん存在します。
退職・転職のコラム記事

現代では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようにな・・

現在、ブラック企業がメディアで取り上げられたりして、労働条件に関する取り締まりが活溌になったり、社名の公表がなされるなど、厳罰を処するようになってきましたが、完全とはいえません。だから、面接で見破る必要が生じます。まずは求人票などに記載されている労働条件を見ておき、ひとつひとつの項目について、聞いてみましょう。
退職・転職のコラム記事

退職|比較的時間に融通が効くはずの派遣社員になっても1年ごとに…

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、契約期間を過ぎたら好きなタイミングで退職できるわけではないと実際に転職を通じて理解しました。私は結婚し、生活が落ちついたら、すぐに子育てに取り組みたかったので、妊娠する時が来るまでのあいだ、数年くらい現在の部署で継続で仕事をしたいと思い、就職しました。
退職・転職のコラム記事

派遣として働いています。労働契約法により残念ですが馴染みのあ…

派遣として働いています。労働契約法により残念なことに長期間勤務していた企業での仕事の契約が終わります。仲間の派遣社員の中には派遣で働いている会社で正規社員のポストを得た人もいるのですがはっきり言うと仕事が優秀というわけではなく派遣先の上司へのあしらいが上手でそれで採用されたとしか思えません。
退職・転職のコラム記事

今のご時世では、株式・不動産投資などといった不労所…

現在では、株・不動産投資などの不労所得、または個人事業・起業といった生き方も増えています。そういった社会的背景もあり、「雇用されて働くこと以外は不安定であぶない」といったこれまでの考えも変わりつつあるようです。高度経済成長の頃に関しては、先の見えない株式投資や自営業よりも組織の一員であるほうが安定性にすぐれていました。そのため人のあるべき形として、またそれが自然のことのように一般の人々に広まっていました。