退職・転職のコラム記事

退職・転職のコラム記事

退職|比較的時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、1年ごとに…

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員になっても契約期間を迎えたら任意のタイミングで退職できるわけではないと、転職活動を通じて感じました。私は新婚生活に慣れたらすぐにでも子供を授かりたかったので、その時がくるまでのあいだ、数年ほど今の部署で仕事をしたいと思い、就職しました。
退職・転職のコラム記事

退職|派遣として就業しています。派遣法や労働契約法のからみで…

派遣として勤務しています。派遣法や労働契約法の関係で否応なく、長期間務めていた企業での仕事を終わらせなければなりません。同じ派遣の方の中には、派遣の就業先で正社員のポジションをつかんだ人もいるのですが選ばれた理由としてはぶっちゃけた話仕事がどうというのではなく派遣先の上司への媚びへつらいがうまい人でそのおかげで採用されたみたいです。
退職・転職のコラム記事

退職|今の時代は株・不動産投資などといった不労所得を得た…

今の時代は株式・不動産投資の不労所得で収入を得たり、個人事業や起業といった形で生きる方法も人気です。そのような変化もあり、「雇用されて働くこと以外は不安定だしキケン」といった常識も過去のものとなりつつあります。高度経済成長時代においては、将来が不安定な株式投資・自営業よりも雇用されて働くほうが大いに安定性にすぐれ、人が生きていくうえで正しい道として、一般の人々に認識されていた。
退職・転職のコラム記事

退職|政治により変化の出始めている転職を取り囲む状況につい・・

転職を取り囲む状況は、政治によって左右されつつあります。安倍総理が舵取りを行う現政権下では、「アベノミクス」「三本の矢」といった新たな経済に関係する政策が打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策ともに日銀主導の金融政策との相乗効果によって、財界・民間企業ともに新時代となる社会的な変化が出つつあります。
退職・転職のコラム記事

転職時の面接に転職したい会社へ伺いました。

転職の採用面接を受けるためとある会社に出向きました。その会社で会議室が空いておらず外部の会場で人事部の人と待ち合わせて採用面接が行われて、当該会場で解散し、面接をした方もそのまま自宅直帰されるとのことでしたが、偶然にも自宅最寄駅が一緒。それで電車内でも面接を行った人とずっと話しながら帰宅することとなって、そのため緊張がなくなり面接の時よりも話が弾み、それがプラスに働いたのか運良く採用を勝ち取りました。
退職・転職のコラム記事

もしあなたが、転身の決意したのなら、周囲にはその気持ちを言わないように・・

仮にあなたが、転業を思い立ったのなら、徹底して周りにこっそりとその意思を悟られないように、転職活動していき、転職先が決定していないのなら、あくまで同僚に悟られないよう淡々と仕事をする方がとても正解です。そのスタンスでいけば、たとえ希望に沿う転職先をすぐに見つからなくても、転職時期を先送りにしつつ、現在の仕事をし続けてもトラブルにはなりません。
退職・転職のコラム記事

退職|転職活動を行うとき、様々な方法で情報を収集するのが通常だと思いますが…

転職活動を開始するとき、様々な経路で情報を得るのが通常だと思いますが、転職に関する口コミサイトは本当に役に立ちます。以前、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたということで、サイト運営会社を相手に損害賠償請求を起こしたケースがありました。会社の都合で退社させられた元社員の腹いせでその種の口コミが投稿されたという見方が一般的ですが、別の角度から見ると、ウソの書き込みであればやられた会社側が何も気にしなくても良いはずですよね。
退職・転職のコラム記事

楽しい気持ちを持ちながら再就職と向き合えれば、精神的に負担を感じることもないので…

将来に目を向け、楽しみつつ、転職活動ができれば、メンタルを脅かされることがないので、転職期間に堕落はしないですみます。それに精神的な箇所が健やかな状態であれば、割と早く転職が出来るでしょう。一番良いのは、やはり、休職によるブランクをつくらず新しい勤め先を見付けることが大切です。
退職・転職のコラム記事

退職|これから転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのな…

これから転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでに時間があるのなら、必ず「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。失業手当は現在の所属する会社がきちんと「雇用保険」を支払っていた場合は、誰でも失業手当を受け取ることができます。詳細の手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。
退職・転職のコラム記事

転職活動では、それなりの準備は必須です。

転職する場合、相応の準備は必須です。準備といってもたくさんあるのですが、とりわけ目に見える「服装」は気になりますよね。ですが、ここ数年の、企業面接では私服を許可しているところもあるので、きっちりビジネススーツを着て面接に赴く必要がない場合もあります。会社の設立してすぐの企業などは、厳しいマニュアルも作られてないことが多く、私服で面接したほうが、相手に良い印象を与えられます。