退職・転職のコラム記事

退職・転職のコラム記事

『今すぐ転職をしたい!』と思っていて、自分の意志が強いのであれば、…

『今すぐ転職をしたい!』と考えていて、将来の進路がハッキリしているのなら、辞めたいという旨をすぐに上司にそのことを伝えるべきです。ただし、そのときに曖昧な表現をしてしまうと、言いくるめられる可能性が非常に高いので気をつけましょう。実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、スンナリと受理されずに結果的に、半年ほど予定が伸びてしまいました。
退職・転職のコラム記事

日本には昔から「石の上にも三年」という諺もありますが・・

日本には「石の上にも三年」という人生において戒めのの意味を持つ言葉があります。大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」は過去のものとなってきています。「転職」は決して珍しいものでもなく、身近な出来事となっています。しかし、「転職」する人が増えているとはいっても、やたらと仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。
退職・転職のコラム記事

仮に転職活動をはじめたとしても理想通りの成果があがる…

転職活動をしたとしても、全部がスムーズに進行すると言い切ることはできません。もしも転職するのなら、どっちにしろ転職をしなくてはならないなら速やかに考えておくべきでしょう。平均としてみると、20代の若いうちは希望を見出しやすいですが、残念なことに、30代後半~40代に入ってしまうと転職はたいへん厳しいといえます。
退職・転職のコラム記事

あなたが転職活動中に、良いと思う求人(または業種)を見つけた・・

転職活動のとき、良いと思う求人(もしくは職種)を見た際に忘れず「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネット検索し目を通しておくべきです。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントからはその業界のマイナス点は、アドバイスはないものと思っていてください。仮にブラック案件が蔓延している業界であれば、インターネット検索によってカンタンにすぐにおおまかな実態を理解できます。
退職・転職のコラム記事

転職して職場を新しく換えるということは、自分に合う自分の理想に近い・・

転職で勤め先を新しく替えるということは、自分に合う理想に近い場所を見つけたほうが良いということです。仕事を変えれば、あなたに適した仕事に有りつけるかもしれません。でも、実際に行動するとなると、それ相応の労力やスキルがないと、転職自体がままなりません。言い方をかえると、自分の価値をあげることで、天職に就くことができるチャンスも広がる、ということです。
退職・転職のコラム記事

退職|転職時の面接の時に面接官から「転職理由を聞かせて頂けますか…

転職時の面接で面接担当者から「転職理由は?」といった形で、質問されるのは間違いありません。この時に、どれだけ正論だと思っても、前の職場の働く環境や人間関係が悪かったという内容などは、可能な限りしないことをお勧めします。というのも、こういった話をしてしまうと、せっかくのチャンスを台無しにしてしまいかねません。
退職・転職のコラム記事

転職サイトは大きなサイトの方が掲載量も多くなるので…

転職サイトは大きなサイトの方が掲載される数も多くなるので、関心のある2~3社を、とりあえずはサイトに登録して、勤務地などにチェックマークをいれておき、加えて条件に合った求人情報が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと転職活動がラクになります。ただ、初めだけは登録するのに非常に時間がかかるので、登録前に履歴書と職務経歴書をきちんと準備し、それらをテキストアプリに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら、登録を進めると楽になります。
退職・転職のコラム記事

退職|20代前半に転職を2度経験して、そして今、複数の資格をとるために…

20代で転職を2回した為、そして現在、資格を手に入れたいので「派遣社員」を選択しました。常勤の勤務とは違うのでやはり毎月の収入は安くなりました。しかし、心と時間に大きな余裕が生まれ、満足しています。思い返すと、学生時にいくつか資格を取得し、就職に活かせばよかったという後悔もあります。
退職・転職のコラム記事

退職|転職活動で重要なことは企業そのものというより、人事や採用担当の面接係員と・・

転職活動では、希望している企業そのものよりも、どちらかと言えば面接係員とのやり取りが重要です。しっかりと採用してもらうために、まずはあまり意識せずに焦らずに対応することを心がけましょう。たとえば女性とお見合いをする意識で向かうと良いでしょう。とくに面接を通じて最も最初にあなたの人柄や人間性をチェックされてしまうので悪い評価になるような身なりは注意しゼッタイに避けましょう。
退職・転職のコラム記事

求人誌をチェックする際、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」と思う人ほど、…

求人情報を見る場合、「事務系の仕事をしたい」という人ほど製造業を見逃してしまっています。そういったことをしている人は、「製造業は現場で製造する求人募集しかやっていないだろう」と勘違いしていることが少なくありません。現に、製造業の求人募集でも、製造マンだけでなく経理、人事、総務などのスタッフ募集をはじめ、資材、購買、営業管理のような「事務系」に分類される部署もたくさん存在します。