退職・転職のコラム記事

退職・転職のコラム記事

古来より日本には”石の上にも3年”という諺もありますが…

「石の上にも三年」という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。昨今、「終身雇用制度」といわれる現代では定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、転職というのは自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。とはいうものの、「転職」が当たり前になったからといっても、軽々しく転職を繰り返していてはいいことは決してありません。
退職・転職のコラム記事

仮に再就職を目指そうとしても、全てがスムーズに進行す・・

仮に再就職をしようと考えていてもすべての人が思ったとおりの成果をあげられる確証はありません。遅かれ早かれ転職をしなくてはならないならいずれにしろ転職をしなくてはならないならあなたの年齢が若いうちに出来るだけ早く変えるべきです。たいていの場合、20代のうちはかなり有利ですが、残念なことに、30代後半~40代を迎えてしまうと転職活動全般は、たいへん難しくなります。
退職・転職のコラム記事

退職|これから転職活動をされるなら、気になった求人(または職…

転職活動中に、良いと思う求人(OR 職種)を見つけたら、絶対「〇〇業、ブラック」でネット検索してみましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントの情報では、まずその業界のマイナス要素について、知ることができない、と思っておくべきです。インターネットで調べればネット検索を通じていとも簡単に多くの事例に触れられるはずです。
退職・転職のコラム記事

退職|転職によって職場を一新するということは、自身に見合…

転職することで仕事先を新しく替えるということは、自分自身に適合する新たな就職先を見つけたほうが良いということです。勤務先を変えることによって、適した仕事に就く可能性もあります。とはいえ、良い面ばかりでなく相応の努力やスキルが求められます。逆をいうと、自分の価値をあげることで、「天職」に巡り会えるチャンスも高くなる、ということ。
退職・転職のコラム記事

転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に担当者から「転職理由は?・・

転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。人事から「転職理由を聞かせて頂けますか?」という風に、必ず聞かれますが、その際、いくら正しい意見だと思っても、以前の職場の労働環境や人づきあいについての不満に受け止められる答えは、絶対に避けましょう。
退職・転職のコラム記事

転職サイトは有名なサイトであるほど掲載される会社の数も多くなるた…

転職サイトは知名度の高いサイトであるほど多くの案件が掲載されているため、入社したい2,3の会社を、とりあえずは転職サイトに登録した上で、年収などの条件にあらかじめを入れておき、さらに条件に合った求人情報が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと容易に転職情報を集めることができます。
退職・転職のコラム記事

20代で転職を2回した為、そして今、資格の勉強をしながら、…

20代前半の時点で転職を2回し、現在、資格を手に入れたいので「派遣社員」として働いています。常勤の勤務でないため、どうしても給料が以前よりも少なくなりました。ですがその分、前よりも心と時間に大きな余裕が出来ています。学生時代にもっと資格を取得し、就職できたらムダがなかったのにな、とは思います。
退職・転職のコラム記事

退職|転職は、最初の第一歩は企業とのやりとりというより正確には「担当面接官」・・

転職のための活動は希望する企業相手というよりもどちらかというと「担当面接官」とのやり取りが重要です。しっかりと採用してもらうために、先ずはあまり意識せずに冷静に、焦る気持ちににならないように、例えればお見合いをする心構えで望むと良いと思います。また面接に進むと第一歩としてあなた自身の「人間性」をチェックしてもらうので悪い印象を与える行動は注意し控えましょう。
退職・転職のコラム記事

退職|求人に関する情報を見る際、「オフィス系の仕事をしたい」と考えている人ほ…

求人に係る情報をチェックする折、「オフィス系の仕事をしたい」と思っている人ほど製造業をスルーしてしまっていますが、そういったことをしている人のほとんどは「製造業って、現場で製造する仕事しか募集しない」と誤解しているはずです。実際に、製造業での求人募集でも、現場作業者だけでなく、経理、総務などの人材募集から、購買や営業管理等のオフィス系の部門もかなりの数あります。
退職・転職のコラム記事

退職|現在、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようにな…

今日では、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり、労働条件による取り締まりが強化されたり、会社名が公開されたりと厳罰を与える傾向にありますが、パーフェクトとは言い難いのが現状です。そこで、面接で見破る必要が生じます。まずは求人票などに記載されている労働条件を見ておき、それらの項目ひとつひとつについて質問をぶつけてみることです。