退職・転職のコラム記事

退職・転職のコラム記事

退職|これから転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのな…

これから転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでに時間があるのなら、必ず「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。失業手当は現在の所属する会社がきちんと「雇用保険」を支払っていた場合は、誰でも失業手当を受け取ることができます。詳細の手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。
退職・転職のコラム記事

転職活動では、それなりの準備は必須です。

転職する場合、相応の準備は必須です。準備といってもたくさんあるのですが、とりわけ目に見える「服装」は気になりますよね。ですが、ここ数年の、企業面接では私服を許可しているところもあるので、きっちりビジネススーツを着て面接に赴く必要がない場合もあります。会社の設立してすぐの企業などは、厳しいマニュアルも作られてないことが多く、私服で面接したほうが、相手に良い印象を与えられます。
退職・転職のコラム記事

退職|就職活動において、年収は大変大切な要素です。

就職活動において、年収は非常に大事な要素です。面接時には、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき現実の年収を偽って、多く申告し、転職先で高額の年収を得ようと試みても、無駄でしょう。というのは、源泉徴収票が必要となるため、一時的に信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、最終的にはウソがバレてしまうためです。
退職・転職のコラム記事

退職|やっている転職する活動をしているときに、「私は今まで…

今励んでいる転職活動の際、「経験としてこういった価値のあるの仕事をしてきました」「これまでにこういった技術を得られました」とそれまでの自分自身の実績を強調する人はしばしば見かけます。ところが、転職先となる再スタートを図る場所で「可能ならばこういったことに挑戦したい」「私が触れたような内容の仕事ならできれば参加したい」と未来形として自身をアピールする方が過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。
退職・転職のコラム記事

退職|転職をする際、インターネット上で就職斡旋してくれる「エージェント…

求職活動をするとき、ネットでのエージェントを利用する場合もあるでしょうが、もしあなたがそのエージェントに登録し、幸運にも就職できたとしても、失業保険の給付を受け取ることはできないので気を付けましょう。失業保険は、「ハローワーク」にて正しく手続きしないと給付を受けられないので注意が必要。
退職・転職のコラム記事

転職で、「派遣社員」を選択予定の方に覚えてほしいことがあります。

転職を、「派遣社員」を選択しようと思っている人に注意して欲しい点が何点かあります。派遣社員の業務については、「データ入力」「お茶出し」「電話対応」などの業務内容を思った人が多々ありますよね。最初は私もまさにそう思っていました。現在の職場に入るまでは「派遣社員」の求人に応募したときに「電話対応が主な業務」と採用の際に派遣会社からも説明も受けてました。
退職・転職のコラム記事

『なるべく早く転職をしたい!』と思っていて、その意志が抑えられないくらい強いものであるな・・

『なるべく早く転職をしたい!』と思っている人で自身の意志が本当に強いものであるなら、退職したいということをすぐに上司に言うべきです。なぜかというと、このときに相談といった形で話を持ちかけると、場合によって高確率で言いくるめられるので要注意です。実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、退職するタイミングを伸ばされてしまい、最終的に、退職までに半年ほど掛かってしまいました。
退職・転職のコラム記事

”石の上にも3年”という諺もありますが、昨今、ないものと同然である「終身雇用制度」。

昔から日本には「石の上にも三年」という教えがあります。1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」が崩壊に向かっている現在では定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」がとても身近なものになってきました。ですが、「仕事を変えること」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、やたらと仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。
退職・転職のコラム記事

仮に再就職するにもあらゆることが首尾よく運ぶという確証はどこにもありません。

再就職を考える場合、全てがうまくゆく確証はありません。できればどっちにしても転職をしなくてはならないなら若い間になるべく早く転職を試みるべきです。傾向としては、20代の若いうちはかなり有利ですが、残念なことに、30代後半~40代に達すると転職そのものがたいへん厳しいものと考えておくべきです。
退職・転職のコラム記事

退職|これから先、転職活動をするという時は、気になった求人(業界)…

転職活動をされるなら、良いと思う求人(あるいは職種)を見つけた際には絶対「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネット検索でチェックしておきましょう。求人票や転職サイトの担当者からはその業界に関するマイナス面について知ることができないのが普通です。仮にブラック案件が蔓延している業界であれば、ネット検索ですぐに現実を知ることができます。