退職・転職のコラム記事

退職・転職のコラム記事

退職|近時は、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようにな・・

今日では、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件による取り締まりが強化されたり、悪質な企業の場合は公開されるなど、厳罰に処せられる傾向にありますが、まだまだパーフェクトではありません。ですが、実際に入社するまえの面接時に「ブラック企業」かどうかを見破る方法があるので、まずは理解しておきましょう。
退職・転職のコラム記事

派遣社員というものは、1年ごとに好きな時にすぐ退職できるわけではないこと…

時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、自分の好きなタイミングで辞められるものではないと実際に転職活動したことで思い知らされました。私は新婚し、生活に慣れたら早く子供を持ちたかったので、妊娠する時が訪れるまでのあいだ、数年ほど今の仕事をしておきたいと思い、就職しました。
退職・転職のコラム記事

派遣で働いています。派遣法や労働契約法のおかげで不本意・・

派遣というかたちで働いています。労働契約法のからみで不本意ですが長期間勤務していた勤め先での勤務が終了します。同じく派遣で働いている人の中には派遣先の会社で直接雇用の契約をつかみ取った人もいるのですが抜擢された理由としては正直に言うと仕事の腕がよいというよりは派遣先上司の扱いがうまい人でそれで採用されたとしか思えません。
退職・転職のコラム記事

今のご時世では、株・不動産投資の不労所得で収入を得た…

今の時代は株式・不動産投資などといった不労所得を得たり、個人経営 や起業で頑張っている人も増えています。そのような世の中の変化もあり、「会社員以外の道はキケンだ」といった見解も過去のものとなりつつあります。1960年代ごろの高度経済成長時代には、どう転ぶかわからない自営業という生き方よりも雇われているほうがずっと安定していて、人が生きていくうえでもっとも正しい道として世の中に認識されていました。
退職・転職のコラム記事

政治により状況が変化しつつある転職を取り囲む状況について…

昨今の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出つつあります。安倍総理が舵取りを行う現内閣では、アベノミクス「三本の矢」といった新たな経済政策を打ち出し、内閣が打ち出した新たな経済政策共々金融政策ともあいまって財界や民間企業間でも今までとは違う明るい動きが顕著に現れてきております。
退職・転職のコラム記事

転職時の面接に転職希望の会社へ向かいました。

転職のための採用面接に希望先の会社へ出向きました。その日に限って会社内の面接ができる部屋が空いていないというわけで外のある場所で採用担当の人と待ち合わせて採用面接を行い、その場所で解散、面接官もそのまま自宅直帰されるとのことだったのですが、偶然にも下車する駅が私と一緒だったのです。
退職・転職のコラム記事

退職|例えばあばたが、転職を思い立ったのなら、徹底して周りの人に・・

もし、現職からの転職の決めたのなら、徹底的に周りにバレないように、首尾よく転職活動を進め、現職期間中は、可能なだけ周りの人に気づかれないように普段どおりに業務をこなすのがもっとも良い形といえます。そのスタンスでいけば、万が一転職先探しにすぐに見つからなくても、転職の予定を延ばしつつ、現在の職を続けることもトラブルの心配がありません。
退職・転職のコラム記事

退職|転職活動を行うとき、様々な手段で情報を得るのが通常だと思います・・

転職活動を開始するとき、いろんな経路で情報を集める人が大半だと思いますが、転職についての口コミサイトは本当に役に立ちます。過去に、悪い口コミをサイトに載せられたということで、運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こした事例もありました。会社の都合で退社させられた元社員の腹いせとしてそういった口コミが投稿されたと見るのが一般的ですが、違った角度から見ると、ウソの書き込みだったなら、会社としては気にしなくてもいいはずです。
退職・転職のコラム記事

楽しく過ごしつつ、再就職をすることができたら、精神的な負担が減少するの・・

楽しみつつ、転職と付き合う事が出来れば、メンタル的にも結果として転職活動の間に堕落しないで済みます。しかも精神的な部分が良好な状態のままであれば、すぐ、転職先も見つかるはずです。一番のおすすめは、休職期間をつくらず新しい職場に飛び込むことが大切です。現在の会社を退職せずに次の仕事を見付ける活動も並行して行うのがベストでしょう。
退職・転職のコラム記事

近いうちに転職予定がある人で、次までの仕事に期間がある方…

これから転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでに期間がある場合は、「失業手当」をもらっておいた方がお得です。この手当ては現在の会社がきちんと「雇用保険」を払ってくれている場合は、申請をすれば必ず誰しも失業手当を受け取れます。そして手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。