退職・転職のコラム記事

退職・転職のコラム記事

退職|再就職で勤め先を一新するということは、自分自身に適す・・

転職によって仕事先を新しく替えるということは、自分に見合った自分の理想に近い場所に就職したいものです。勤務先、職場を変えると、あなたにぴったりの仕事に出会う可能性もあります。とはいえ、現実に行動する際は、雇用側が必要とする能力を持っていないと、転職自体がままなりません。
退職・転職のコラム記事

転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に担当者から「転職の理由は何ですか?」…

転職する際には面接が必須となります。面接官から「転職の理由は何ですか?」と質問されるはずです。この時、いくらあなたが正しくとも、前の職場の人間関係や労働環境についての愚痴とも受け止められる内容は、意識して控えましょう。こういった話をしてしまうと、相手会社の採用条件としては厳しくなるようで、チャンスを棒に振ってしまいます。
退職・転職のコラム記事

転職サイトは、大手が運営しているものであるほど掲載される案件の量も多いので・・

転職サイトは有名なサイトであるほど掲載され案件の量も多くなるので、関心のある2つか3つの会社を、とりあえずメンバー登録した上で、勤務地や年収にチェックマークをいれておき、さらに条件に合う案件が出てきたら自動的にメールが送られるように設定しておくと転職活動がスムーズに行えます。
退職・転職のコラム記事

退職|私は20代までに転職2回で、現在、資格を取るべく派遣社員で働いています。

20代前半までに転職2回で、現在、資格を取る目的で派遣社員になりました。フルタイムの勤務とは違うのでどうしても給料は安いのですが、しかしその分、心と時間に余裕ができました。たまに、学生時代にいくつか資格を取得し、仕事を続けるという方は本当に稀です。また、実際、そういった人をみるとうらやましいなと思ってしまいます。
退職・転職のコラム記事

転職活動で大事なことは企業そのものというより、正確には「担当面接官」との…

転職のための活動は希望先転職先の会社企業というより、どちらかというと「担当面接官」とのやり取りが大事です。しっかり採用してもらうために、まずは面接の時間になる前に冷静に、焦る気持ちににならないように、例を挙げるとお見合いをする、といった気持ちでいる向かうと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。
退職・転職のコラム記事

求人関連の情報を見る場合、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思う人ほ…

求人関連の情報をチェックする際、例えば、オフィス系の仕事がしたいからと、製造業をスルーしてしまっています。そのような人は、「製造業は現場で製造する求人しかやっていないだろう」と勘違いしていたりします。現に、製造業の求人募集でも、現場作業者だけでなく、人事・総務・経理と言ったスタッフや購買、営業管理のような「事務系」に類する職もかなり存在します。
退職・転職のコラム記事

現在、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件に対する取り締まりが強くなったり、…

「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり、労働条件による取り締まりが強化されたり、悪質な会社が公表されたりするなど、厳罰化の流れが続いていますが、完璧とは言い難いというのが現状です。なので、事前に面接で「ブラック企業」かどうかを見破れる方法があるので覚えておきましょう。
退職・転職のコラム記事

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって契約期間を迎えた…

時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、契約期間を迎えたら任意のタイミングで辞められるわけではないと、実際に転職活動を経験して学びました。新婚生活に慣れたらできればすぐに子供がほしかったので、それまでの間のために1年半~2年ほど今の会社で仕事をしておきたいと思い、就職しました。
退職・転職のコラム記事

退職|派遣で働いています。派遣法の関連で長く勤務してきた就業先…

派遣として就業しています。派遣法とか労働契約法の関係で否応なく、長く働いた派遣先での仕事が終わります。派遣仲間の中には、派遣の勤務先で正社員の地位を手に入れた人もいるのですが採用された理由としては正直に言うと仕事の能力とは関係なく派遣先上司へのあしらい方が得意な人でそのおかげで採用された様子。
退職・転職のコラム記事

退職|近頃、株式・不動産投資をはじめとした不労所得のほかに…

今のご時世では、株や不動産投資等の不労所得で生計を立てたり、自営業や起業を目指す人も増えています。そういったような移り変わりに伴い、雇用されて働くことが世の習いといったこれまでの常識も変わってきています。高度経済成長を遂げていた頃に関しては、先の見えない個人事業や株式よりも会社勤めの方が安定性にすぐれていました。そのため人のあるべき形として、またそれが決まり切ったことであるかのように世の中に認知されていました。